| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
大王崎(大王)灯台(3) 23:36

前回は

 

→ 大王崎灯台(2)

 

それではいよいよ灯台に上ってみましょう^^

 

内部に入れる灯台はそう多くありませんからちょっと嬉しいですね。

 

これは上り終えてから見下ろした図。

けっこう急で、息切れするぐらいの高低差、あります^^

 

投光器が間近に。

昼間は光ってませんけどね。

 

白色250,000カンデラ、赤色47,000カンデラの実効光度。

光達距離 白色18.5海里 赤色17.5海里

 

1海里は1.852kmとのことなので、34kmほど離れたところでも白色光を確認できるようです。

 

見下ろすと敷地内にはこんな文字が(!)

 

118番は、海上保安庁運用司令センターにつながりまして、

 

・ 海難人身事故に遭遇した、または目撃した。
・ 油の排出等を発見した。
・ 不審船を発見した。
・ 密航・密輸事犯等の情報を得た。

 

といった情報の窓口とのこと、ですよ~

 

それにしても太平洋、ひと際でっかく感じる光景です。

 

でもって荒々しい雰囲気も感じさせます。

ぎゅるぎゅる〜って音がしそうな渦を巻いてました。

石鯛とか釣れそうな感じが...^^

 

つづきます...

 

大王崎灯台の場所(マピオン)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| スポット訪問 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
大王崎灯台(2) 08:27

前回は

 

大王崎灯台(1)

 

では遠景からは拝見しましたので近くに行ってみましょう。

 

遊歩道? 路地? をやや上るようにやってくると、入り口が見えてきました。

 

有料です^^

でも、事前確認してなかったのですがここの灯台は上まで行けるんですね!

これは嬉しい〜

 

参観寄付金という名目で、中学生以上200円

 

入ってすぐ見上げたところ。

 

ここから入るようですね。

螺旋階段となってます。

 

正確には、“大王”なんですね。一応環境依存文字となってますから、このままいきます(ぺこり)

 

 

大王崎灯台は、外観がおしゃれです。

 

なんだか洋風なデザインになってますよ。

青い空に映えますなぁ。

 

では次回は内部へと^^

 

大王崎灯台の場所(マピオン)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼





| スポット訪問 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
大王崎灯台(1) 23:02

横山展望台から続いては、大王崎灯台へとやってまいりました。

 

ナビの案内するとおりに進むと小さな漁港に到着、すると待ってましたとばかりの駐車場で手招きするおいしゃんの姿。

他に駐車場らしき看板もないし、探し回る時間もないし...と駐車(おいくらでしたっけ・汗;)

 

案内したおいしゃんから、灯台へのルートと帰りはぐるりと回ってあの赤い屋根の家の横から戻ってこれますから、なんて案内を聞いてルートを進みます。

以前はもっと観光地として流行っていたんじゃないかな、という面影はあります。

お土産店もけっこう並んでますしね(ただ、今は閉まっているお店も多く、また全体になつかしすぎる雰囲気になってます)

 

灯台に向かう途中に、八幡さん公園という案内がありました。

灯台から少し離れた海への出っ張りが小さな公園になってましたが、そこからの灯台は...

 

こんな感じ。

素晴らしい海と空と灯台^^

 

日本の灯台50選に選ばれているそうですよ。

 

少しアップ。

断崖絶壁からの海、灯台には適した場所ですねぇ。

 

一番上の写真にも写ってますが、この公園からは気になる存在がこの海の中にある岩。

 

公園内でもっとも海よりからこの岩を眺めると...

 

おサルさんかゴリラの横顔に見える〜

眉毛部分の造形に加えて、ちょうど岩の割れ目が入ってそれらしく見える口元が絶妙!

 

なかなか良い感じですね。

 

八幡さん公園と案内がありましたが、波切九鬼城址とのこと。

 

(現地案内板より)

-----

【波切九鬼城址】

波切九鬼氏初代 隆良が室町時代にこの城山地区に波切城を築城。

波切は志摩地域の海路の要衝に位置し、鎌倉時代初期より沿岸の拠点として重視されていた。

そのことから波切城は外敵の侵入に備え、太平洋を見下ろす岬の突端に築城されるなど、水軍の将らしい城であったといわれている。

築城後は、この城を拠点としてさらにその勢力を広げて行き、嘉隆の時代になると、織田信長方に帰属し、志摩一円を統一した。

信長死去の後は豊臣秀吉に属し、鳥羽に城を備え、九鬼水軍としてその名を天下に轟かせた。

-----

 

それともうひとつ...

-----

【絵かきの町】宣言

私たちの町は雄大な太平洋と波静かな英虞湾の二つの景勝地にいだかれ、白亜の大王崎灯台や石垣、石畳の坂道、ともやまの夕景、また、その美しい自然環境の中で生活する人びとなど、多くの絵を愛する人たちの創作意欲をかきたて、昔から絵描きの町として広く知られてまいりました。

私たちは、この恵まれた環境を大切にするとともに、キャンパスをとおして町のすばらしさを再確認し、住民の文化意識の向上はもとより、数多くの人にこの美しい景観を知っていただけるよう、「絵かきの町」宣言しました。

平成8年3月14日

-----

 

絵かきの町...

どおりでと言うべきでしょうか、訪れたときはこの付近では多くの学生が絵を描いてました。

聞くと、合宿で来ているんだとか。

良い作品ができていればいいなぁ、ま、坊主頭の私が描かれて登場する絵はないでしょうけど...ね(笑)

 

大王崎灯台の場所(マピオン)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| スポット訪問 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
横山展望台(志摩) 23:37

ドライブ日程の後半は雨予報ということで、初日に景色を眺めておこうとやってきたのが...

 

横山展望台。

展望台への入り口にある横山ビジターセンターです。

最初駐車場がわからずビジターセンター前の数台分しかない?なんて思い、運よく滑り込み駐車できましたが、右手奥のちょっと下ったところにたくさん停めれました^^(後でわかりました)

 

この日は台風21号襲来後で、展望台への遊歩道が傷むなど工事中なのと、展望台の大幅リニューアル工事中で展望台すぐ近くまで行ける駐車場までは上がれないという状況でしたね。

 

ここビジターセンターから展望台までは高低差80mほど、距離は300mぐらい?と聞いたような...(曖昧記憶です)

 

展望台は2階建の大型東屋みたいなのがありましたが、撮り忘れました(汗;)

ただね、リニューアルされて広いデッキも作られるようですので、もっとよくなるスポットだと思いますよ。

 

景色は午前中も早めに訪れたこともあり、英虞湾(あごわん:まず読めない)方面は逆行で淡いコントラストな景色。

工事の関係者のおいしゃんが、「写真?、午後が良いよ〜」なんて言っておられましたが、確かにそんな気がしますね。

 

横山展望台はここがメインの展望所でしょうけど、まだ山手にいくつか展望所が設けられています。

 

さらに200mちょっと進むとあるパノラマ展望台。

 

さらに、ここからすぐ近くだけど階段で上った先にあるのが....

 

見晴展望台。

メインの展望台、パノラマ展望台は英虞湾方向に開けてますが、ここはもっと広範囲にみることができます。

 

志摩スペイン村の方向。

 

ちょっとアップしてみました、展望台からは北東方向になります。

左の大きな建物は伊勢志摩ロイヤルホテルと思われます。

 

逆光の時間帯、海のキラキラ感を収めて帰ることにします^^

 

船の動きなどあって、しばらく飽きずに見ていれそうな気持よいところでした。

 

さて、この方向も展望台からは南南東という感じですから、冬至あたりでも夕陽のある光景はここからは難しいのかな〜という気がしますね。

 

横山展望台の場所(マピオン)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| スポット訪問 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
伊雜宮(いざわのみや)の御神田(おみた) 08:28

前回は

 

→ 伊雜宮(いざわのみや)

 

伊勢神宮内宮の別宮でありますが、伊雑宮は別宮で唯一「神田」を持つ神社だそうです。

訪れたのは秋で稲刈り後のシーズンでありましたが、伊雑宮からほど近いところに神田を確認できました。

 

こちらが神田。

畦道と言えるのか、稲作エリアよりその回りの方が広いと思われるゆったり仕様であります。

 

こちらでは、伊雑宮に奉納する御田植式(おたうえしき)が執り行われるということで、そのためにも細い畦道というわけにはいかないのだろうなぁと思う次第。

 

国指定重要無形民俗文化財のようです、磯部の御田植式。

 

ちなみに、

 

・伊雑宮の御田植(磯部の御神田)

・香取神宮の御田植(千葉県香取市香取)

・住吉大社の御田植(大阪府大阪市住吉区住吉)

 

が日本三大御田植と呼ばれるそうですよ。

 

8時過ぎから17時頃までの次第。

神事でございますなぁ。

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼





| スポット訪問 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
| 1/398 | >>