| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
ひつじのショーン展に行ってきた 22:00

NHKで放映されて日本でも人気になりましたひつじのショーン。

 

現在、6月24日まで山口県の周南市美術館で「アードマン・アニメーションズ設立40周年記念ひつじのショーン展」が開催中。

6月3日にぶらりと行ってきたのであります^^

 

ひつじのショーンは、ウォレスとグルミットより派生したシリーズですが、粘土でつくったキャラクターを少しずつ動かしてはデジタルカメラで1枚、1枚撮影して、それをパラパラアニメのようにつなげて映像化するクレイ・アニメーション。

かなり大変な作業で1日で6分程度の撮影しかできないそうです。シーン別に複数セットで同時撮影されていくんだそうですよ。

 

展示品は撮影できませんからご紹介できませんが、コンテ図?とか、撮影に使われたセットなどが展示されていて、よく作ってあるもんだと感心して帰ってきました。

スピーカー製作とかやってますと、こういう世界観を構成するセットの作りこみなどには感心しつつも、製作意欲を掻き立てられたりしますねぇ。

 

いやぁ、良い刺激をうけつつとても楽しませてもらいました。

 

 

さて、周南市美術館は国道2号線沿いにあるのですが、見学を終えて車に向かう交差点で...

 

自転車専用の信号が目に飛び込みましてね...

 

歩行者用信号と比べてとても立派だったもので、ついついパシャリ(笑)
歩行者用が点滅を終えるころに黄色になるんでしょうか...しまったなぁ、そこ確認してませんでした(汗;)

 

ということで、久しぶりにすこし走ったな〜と思うドライブでした^^

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼





| スポット訪問 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
萩・明倫学舎(山口県萩市) 08:37

先日のバスハイクの続きです^^

 

→ 元乃隅稲成神社

 

この後、昼食をしてから訪れたのが...

 

萩市にある、明倫学舎であります。

 

訪れるまで知りませんでしたが、萩藩校明倫館として「水戸藩の弘道館、岡山藩の閑谷黌と並び、日本三大学府の一つと称された(wikipedia)」そうです。

その後、萩藩校明倫館の跡地に明治19年9月、明倫小学校校舎完成、昭和10年10月に改築という情報がありましたので、写真はその面影を残すものと思います。

この建物は、日本最大の木造校舎で国の登録有形文化財に指定されています。

 

そしてなんと、平成26年3月まで萩市立明倫小学校として使われていたそうです。

観光・公共施設として生まれ変わる際には、耐震補強などは行われたと思いますけども...こういう歴史ある建物が大事に保存されていくって素晴らしい^^

 

萩藩校明倫館時代の門、でしょう。

 

こちらが正門。

建物は大きくは4棟あります。

本館がこちらですが、同じ長さを誇る校舎が4棟奥に並んでいるイメージです。

 

本館は無料で、資料室や復元教室などが公開されています。

ひとつ奥にある2号館は有料の資料館のようですが、今回はバスハイクの時間の都合で入れませんでした。

(3号館、4号館はこのときは非公開、別用途に利用されている可能性あります)

 

どうですか、日本最大の木造校舎、廊下の長さが物語ってますね^^

 

天井も構造が見学できるように開放されていました。

 

階段も雰囲気あること...

最近まで小学生が賑やかに走り回っていたんですよね〜

 

訪れた日は、ちょうど「松陰先生の朗唱教室」が行なわれていました。

観光客参加OKとのことでした...が、いかんせん時間ありませんからねぇ、ちょいと眺めて失礼したところ。

 

吉田松陰先生のお言葉から学ぶ、というものであります。

 

萩市はしばらく観光に訪れてませんでしたが、いろいろと力を入れていますね。

街中のメインストリートは町並みの色使いにかなり気を使っているようで、全体にシックです。

コンビニなども建物から、ピンクやらグリーンの派手な店舗で知られるコスモス薬品ですらブラウン仕様で、これにも驚きました。

 

2号館もあることですし、萩方面にはまたマイカーで参ることにしましょう。

 

萩・明倫学舎の場所(マピオン)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| スポット訪問 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
篠栗九大の森のヌマスギ 07:52

少し前になりますが(2月末)...

実家でスピーカー製作をと思ってましたがあいにくの雨模様、接着に時間がかかるし効率悪いしと作業をとりやめ、今日でなくて良いけどトリアス久山(ショッピングセンター)に行く所用がある、ということもあって“でドライブがてらお買い物”に変更し、そのついでに行ってみたい!と訪れましたのが、篠栗九大の森。

 

いろんな方がネットで写真をアップされてまして、気になっていたんですよね、ヌマスギのある光景^^

 

ということで...トリアス久山の所用を済ませて篠栗九大の森へ。

ちゃんとGooglemap先生もご存知で道路沿いのメイン駐車場へは案内されますが、ネットでヌマスギに近いと紹介のあった北駐車場はまだ未登録でした(その時点)

 

そろそろ篠栗九大の森なんだけど...とささいかかると、木が茂る方向へ延びる道と開かれたゲートが見えて直感的にここだと進入しますと、ゲートに開門時間の案内等もあり間違いなし。

 

こんな道路。

北駐車場に停めてからのパシャリですが、未舗装の道路です。

 

駐車場はこんなに立派。

道路沿いのメイン駐車場よりこちらが広いですね。

この日はあいにくの小雨日和で、訪れている人は少なそうでした。

 

北駐車場から園内にはいるところ。

 

園路はこんな感じ。

ちょっとした山を歩いているようなイメージがありますね。

篠栗九大の森は、蒲田池をぐるりと回る園路がありましてその長さ2km。

 

このような広場もあって、のんびり散策するにはとても良い感じ。

この日は小雨だったので一周歩いてませんが、また訪れたいところですね。

 

少し歩いたら見えてきました、目的のヌマスギ...

 

そうそう、ネットでもこのような光景を拝見しました。

ついにやってきた〜(笑)

 

角度違い。

北アメリカ原産の落葉針葉高木で、和名はヌマスギ(沼杉)、ラクショウ(落羽松)ともいうそうです。

日本のスギでは、こんな水の中にあっては根腐れしちゃうでしょう。

 

根元が広がり独特な雰囲気ですね。

落葉樹なので、この時期に葉はありませんでした。

 

立ち入り禁止ですよ。

マナーは守ります、はい^^

 

さて、ヌマスギの根元はちょっと変わった感じ...

根から何か突起がいくつもあるような?

 

デジタルズーム!!

 

ほらね。

wikipediaによれば

-----

湿地に植えると、幹の周りに呼吸のための呼吸根(気根)が出てくる。膝根とよばれる。湿地に向いた木であるが、通常の土地でも植栽できる。繁殖は実生、挿し木。

-----

だそうで、呼吸根ってことでしょうか。

 

なるほど!

また葉がある季節にも訪れたいものです^^

 

篠栗九大の森 ヌマスギの場所(マピオン)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| スポット訪問 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
元乃隅稲成神社 日本一入れづらい賽銭箱? 09:40

引き続き、元乃隅稲成神社の話題です。

 

前回は → 元乃隅稲成神社

 

123基の鳥居をくぐり終え、参拝した社から少し左奥へ上ったところにありますのが、

 

この鳥居。

 

よく見てみますと...

 

あんなところに賽銭箱が!

日本一入れにくい賽銭箱なんて言われているそうですよ。

 

バスケットのような要領で、賽銭箱奥の板に当てるようにして入れるという狙いになりましょうか。

高さは4mほど、1円玉では少々軽くて難易度が増しそうです。

 

ちなみにチビ助は3投で入れたのに、オイラは10投ほどしちゃいました(大汗;)

(落ちた硬貨はよほどのところに投げない限り回収できて何度も狙えます^^)

途中惜しいのは何度もあったのになぁ、うむむ...

 

この日はバスガイドさん曰く、運よくお客さんがまだ少ないです、と言われてましたからラッキーだったようです。

もっと混雑していたら、投げるのも落ちた硬貨を拾うのも大変そうですね。

 

ちなみに、バスガイドさんのお話によれば、上の写真の奥にもうひとつ鳥居がありますね。

たぶんあれかなと思うのですが、当初はあちらの鳥居に賽銭箱が設置されていたそうです。

ところが、バスが見えるように道路もあって車も通る。

投げては硬貨を拾うのに夢中になる様子に、これはいつ飛び出し事故になるか分からない、と危機感を持たれた神主さんがこちらの鳥居を新設して賽銭箱を設置された、とか。

 

すばらしい事故未然防止、ほんと童心にかえって夢中になりますからね(笑)

 

行かれた際は、ぜ〜ひ狙ってみてください^^

 

→ 元乃隅稲成神社の場所(マピオン)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)

 





| スポット訪問 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
元乃隅稲成神社 22:36

山口県の長門市に、気づいたら有名スポットとしてバスハイクなどでも取り上げられるようになった観光スポットがあります。

 

元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)

wikipediaによれば、CNNが2015年3月に発表した「Japan's 31 most beautiful places」(日本の最も美しい場所31選)の一つとして選ばれた、ことで人気化したらしいです。

 

なるほどね。

 

というのも、そこから30分ほど離れたところにある、車の宣伝でもよく撮影される角島大橋には以前から何度も行ってますから、そんなに話題になっていたら足を延ばしていたはず、なんですよね。

 

夕方の角島大橋

 

このとき訪れたのが2013年ですから、しばらくこちら方面には来てなかったことにもなります、元乃隅稲成神社が話題になったのはこれ以降ですから、さもあらんですね。

 

で、今回はバスハイクで行ってきました。

バスハイクは楽ですね〜、運転しなくていいし、道中飲んでても大丈夫だし(笑)

スキットル(フラスコ)にバーボンを持参、道中で炭酸水を買ってはハイボールを作って飲む...これはなかなか良い感じ^^

 

バスの駐車場近くからの光景(自家用車の駐車場は少し離れております)

 

この日はちょっと霞がひどく、遠景は見えませんでしたが、碧い海と空に朱色の鳥居は映える光景です。

 

元乃隅稲成神社は、主要道から海岸へと入っていったところにあります。

途中から道はあまり広くありません。

人気化したため、慌てて途中途中の道路拡張が行われていますが、大型バスは大変そうです。

また駐車場もそれほど広くないため、観光バスも重なると困ってしまいそうでした。

 

バスガイドさんが言われるには、日曜日など時間帯によってはかなり渋滞して、けっこう手前からバスを降りてもらって歩いてもらうことも多々ある、というようなことを言われておりました...ね。

 

この日はすんなりバスの駐車場まで行けてラッキーでしたよ、ガイドさんも今日は運が良い、なんて言われてました^^

 

元乃隅稲成神社、駐車場から神社(本殿)へは近いのですが、いったん下りていって鳥居の列の最も下側(海側)から上るのが正式参拝ルートですよ、とのガイドさん説明。

またその方が足元が滑りやすいところも上る方が安全ということでした。

 

上の写真は鳥居の列の入り口付近です。

 

方向を変えるとこんな感じ。

 

さぁ進みましょう^^

 

123基の鳥居が並びます。

 

いったん下ったあとに、上りになります。

 

いよいよ後半。階段になります。

そしてその先にありますのは...

 

社殿でございます。

鳥居の列に比べると、恐縮ながらこじんまりとされておりますね。

 

太皷谷稲成神社(島根県津和野町)から分霊されて建立された、そうであります

 

通常、いなりじんじゃの漢字は「稲荷神社」と書きますが、こちらは「稲成神社」と書きます、それは太皷谷稲成神社に由来するとのこと。

太皷谷稲成神社にも行ったことありますが、当時、稲荷の違いには気づかなかったですねぇ...

 

確かに印象的な景色ですね。

もっと青が際立つと対比が美しかっただろうな〜と思います。

 

また狙ってみたいスポットでありますね^^

 

元乃隅稲成神社の場所(マピオン)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| スポット訪問 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
祐徳稲荷神社2018 22:59

はい、今年も行ってまいりました祐徳稲荷神社。

この前の日曜日ですね〜

 

正月三が日は参拝者がとても多そうだし渋滞は困るし、ま、そもそも正月は予定がいっぱいなので、毎年1月内にお参りに行ければいいか、という感じで参拝してます。

 

今日25日はかなり冷えましたが、訪れた21日は1月にしては穏やかでした、参拝日和〜^^

 

あらま、行列...

昨年の参拝時はこんなには並んでなかったと思うのですけどね。

確かに途中の道路もところどころで渋滞しましたので、この日は参拝客が多かったようにあります。

 

上の写真で並んでいるのは神楽殿。

その行列辺りから見上げると、本殿があちら。

稲荷大神様は高いところがお好きなようでございます。

 

階段を上ってから行列あたりをパシャリ。

毎年こうして境内を眺めては...

 

本殿にお参りして...

そして、本殿裏手の山をチビ助と登るのを1年のスケジュールのひとつとしております。

 

この山、けっこうきついです。

急な山肌にある階段を一気に上がるようなもので、標高差はどれぐらいでしょうね、100m...まではないのかな。

それでも急な階段をずっと上る感じでけっこう足にきますよ。

 

これまではチビ助に余裕で体力勝利してましたが、なんと今年は...置いてかれた(苦笑)

中学も2年にもなると、そうかな〜、いやいやオイラの体調が悪かったのかな〜(負け惜しみ)

ま、よしよし^^

 

奥の院です。

鳥居も綺麗になっておりました。

 

また、参道が2ルートあって前回訪れた際は復路となるルートが工事中でしたが、今回は通れるようになってました。

だいぶんと木々を伐採されたようで...

 

この辺りはけっこうな木々でみはらし悪かったのですけどご覧のとおり。

展望がひらけて、息を切らして上がってきてからの休憩にはより良いところになりました。

(これまでも有明海方向は開けてましたけどね)

 

 

(有明海方面を望む:奥の院付近より2016年撮影)

 

ということで、また来年も参ります。

 

祐徳稲荷神社の場所(マピオン)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼





| スポット訪問 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
猿田彦神社(三重県伊勢市) 09:30

伊勢神宮 内宮からほど近いところに、猿田彦神社があります。

猿田彦神社も全国各地にありまして、2千社ほどもあるようですよ。

 

猿田彦神社の境内の様子。

 

祭神はもちろん猿田彦大神。

天孫降臨の伝説で活躍されますね、天照大御神を祀る内宮のすぐ近くに祀られているのもさもあらん、という気がいたします。

 

「当社は猿田彦大神の子孫である宇治土公家が代々宮司を務める神社です。」と猿田彦神社HPにあります、すごいですね。

天皇家みたいになが〜い家系図があるのでしょうなぁ。

 

猿田彦神社の社殿も朱色などあしらわれず質素な佇まいでありますね。

 

猿田彦神社の場所(マピオン)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| スポット訪問 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
伊勢神宮 内宮(4) 10:00

前回は

 

→ 伊勢神宮 内宮(3)

 

正宮の参拝後は、正宮を左手から回り込むように参道を進み、上の写真はちょうど正宮の裏手となるところを下る階段です。

撮ってはいませんが、写真からすれば右手後方に正宮の裏門?というようなところがありました。

 

階段を下りたところから見えてくる、別宮 荒祭宮(あらまつりのみや)。

内宮には10の別宮があるとのことですが、その中では1位に位置するとのことです。

 

祭神は天照坐皇大御神荒御魂(あまてらしますすめおおみかみのあらみたま)、天照大神の霊魂をお祀りしているといったところでしょうか。

 

こちらを参拝すると神楽殿の方への参道を進みます(戻ります)。

 

さらに戻り、参集殿。

休憩所ですが、能や狂言が奉納される施設でもあります。

 

伊勢志摩サミットの際には、こちらにも各国首脳が訪れた際の様子の写真が掲示されていました。

 

宇治橋近くまで戻り、大山祇神社(おおやまつみじんじゃ)と子安神社(こやすじんじゃ)を参拝。

 

ゆっくりと回れたと思います、伊勢神宮 内宮。満足〜^^

 

境内を出てすぐのお店の並ぶ参道の様子、すごい人!

これ平日の金曜日ですよ〜、宇治橋まですぐというところなので人が一番多くなるところではありましょうが...

田舎育ちの私にはけっこう気を使って歩くのが苦手(まっすぐ歩けない・笑)

 

赤福ぜんざい、食べました〜

なかなかぜんざいは普段食べませんが、程よい甘さにお餅は美味ですなぁ。

 

参道にあった有名店?の伊勢うどん。

麺は福岡のうどんと同様に柔らかめ。讃岐うどんのこしのある麺とは大違いですが、私は好きですね〜

独特なのは黒くとろみのある汁?

見た目ほど味は濃くないですし、また訪れた際には食べたくなる名物うどんですね。

 

参道にあった第三銀行。

古風な建物が参道の雰囲気に貢献していますね。面白かったのが...

 

「おみくじ付」ATM!

大吉でプレゼントだって^^

 

「大吉」で利率アップ、「凶」で利率ダウンとかも...ダメでしょうね(笑)

 

参道途中には、おかげ横丁という江戸時代末期から明治時代初期の古い町並みを再現した商業施設もあり(赤福の関連会社が運営しているって)、それはもう大変な賑わい。伊勢神宮からその周辺は大人気スポットということを実感でした。

 

→ 伊勢神宮 内宮の場所(マピオン)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| スポット訪問 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
伊勢神宮 内宮(3) 08:50

前回は

 

→ 伊勢神宮 内宮(2)

 

内宮 別宮 風日祈宮から来た参道を神楽殿まで戻り、正宮への参道を進みます。

 

五十鈴川御手洗場付近の木々を眺めて、大木が少なくない?なんて言っていましたが、んなぁこたぁありませんでした!

この付近になるとあちらこちらに立派な木...

歴史ある杜という雰囲気となってきます。

 

そして内宮 正宮に到着。

 

写っている鳥居内は撮影禁止です。

撮ってはいませんが、参拝順番待ち中に首からかけていたカメラを無意識に持って覗くようなポーズをとったら、衛士の方に注意されちゃいました(苦笑)

 

正宮前の階段。1段が幅広ですね〜

この日は金曜日(平日)でしたが、1週間後に訪れた土曜日(金曜日が祝日で3連休の人が多かった)はもっとすごい参拝の方々でして、こういったショットは無理だったかも、と思います。

 

正宮は入口と出口が分かれておりまして、出口から人の流れにまかせて進むと1本の大木。

パワースポットらしく皆さん撫でたり、ペタリと張り付いてみたりとされてましたよ。

 

これは2回目に訪れた際のショット。

さて、何かパワーをもらえたでしょうかね、この二人...

 

皆さんが手を触れるので、長年の積み重ねで幹がつるつるになってました^^

 

 

→ 伊勢神宮 内宮の場所(マピオン)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| スポット訪問 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
伊勢神宮 内宮(2) 10:24

前回は

 

伊勢神宮 内宮(1)

 

瀧祭神(たきまつりのかみ)の参拝後、参道に戻り境内の先へ進みます。

 

この辺りの木はあまり大きくないねぇ...内宮にはあまり大木ないのかなぁ?なんて話をして進んでましたが...失礼しました。

内宮の杜も広くてそんなことないと後に実感しましたよ。

 

参道左手に神楽殿が見えてきました。

正宮などとは造りが違いますね、御祈祷などの儀式などを執り行うところでしょう。

 

訪れた時間帯の神楽殿は、静かでしたね。

 

さて、神楽殿あたりから正宮とは別方向への参道があります。

モデル参拝コースとは異なりますが、先にこちらに行ってみることに。

 

奥の鳥居の向こう側には川があり風日祈宮橋(かざひのみのみやばし)がかかっています。

 

実は五十鈴川にかかる宇治橋の上流側にもあったのですが、流木をここで止めるための柱?です。

宇治橋前には数本ありました。

木製の橋なのでガードされているのですね。

 

内宮 別宮 風日祈宮(かざひのみのみや)

 

こちらも遷宮されますね。

 

実は20年ぐらい前に会社旅行で伊勢神宮 内宮には訪れてますが、その際は道中飲み過ぎた影響でしょうか、伊勢神宮のことをほとんど覚えていない、ということを再確認した旅行でした(苦笑)

 

つづきます。

 

→ 伊勢神宮 内宮の場所(マピオン)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| スポット訪問 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
| 1/36 | >>