| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
児童手当・復興特別所得税・消費税 景気がよくなるわけないね 11:18

復興特別所得税がH25年から開始されます。
個人の給与所得などに対しても復興税が課せられるというもので、なんとH49年までとされています。

各々の所得税に2.1%を乗じて復興所得税が算出されます。


個人の方に係る復興特別所得税のあらまし|パンフレット・手引き|国税庁
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shotoku/fukko_tokubetsu/index.htm


復興税の意図は分かるにしても、将来につながらない使い方をされてはたまりません。
きちんとチェックをして声を上げないといけません。有効利用していただきたいものです。

ま、とはいえ、全般的には増税なので消費マインドは低下するでしょう、たぶん。
不景気要素ですね。


次に、以前に選挙の目玉的にもなって「子ども手当」がかなり議論・話題になりましたが、落ち着いたところは子ども一人あたり10,000円〜(月額)支給でありました。
これがまた今年4月に改正されてまして、「児童手当」として所得制限を設けてそれなりの収入がある人(給与に不動産所得など考慮)は、子ども一人あたり5,000円に減額されるというもの。

これもそもそもは扶養控除は廃止して、その代わりセットで支給するとなっていた子ども手当なのに、扶養控除の復活はなくこちらは減額するという結果、単なる増税になったにすぎませんな。
(当初から扶養控除のままでよかったという声はありましたけどね...してやられた!)

http://子ども児童手当.com/


まぁ今回の所得制限、それだけの収入がある人ならこの差は対して影響ないといえるかもしれませんが、とはいえ減る人がいるのですから消費マインドが上がるとは思えませんね。

これも不景気要素でしょう。


そしてたぬきとっつぁんが政治生命をかけてとか言って押し切った、民主党のマニフェストにそもそもない消費税増税という暴挙の大波が襲ってきますから、もう消費意欲も落ち込みますね。

確実な不景気要素!


住宅特需という声はありますが、所詮需要の先食い、その後の不景気が垣間見えます。
(まぁマインド低下でそれほど需要が盛り上がらないかもしれませんが...)

エコポイントの家電と同じですな、おかげで余計に家電メーカーが苦しんでいる現状と重なります。
(あれがなければもっと早くテレビ・ディスプレイ投資は抑制していたかもしれない)


日本も大統領制に移行して、民意をもっとダイレクトに反映できるようにしてほしいな〜
権力も得るが、個人的に重い責任も負ってもらうようにしてね...


と、まぁ気温もマインドも冷え込んでまいりましたが^^


体には温まるものを(笑)
写真はだご汁です〜(先日撮影、また食べたい)




| 日々の雑感 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
Comment








政治はなんともシラケムードですが・・

だご汁旨そうですね〜
posted by jet | 2012/11/23 10:42 PM |
jet さん、おはようございます。
ほんとですね、方針発言もすぐ撤回などコロコロと...無理に合流とかなんとかで第三極?自滅しそうです。
だご汁、美味しかったですよ!(小国にて)
いつもありがとうございます。
posted by ゆったり人 | 2012/11/24 8:18 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://yuttari.diy-sound.net/trackback/1069
<< NEW | TOP | OLD>>