| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
ぽちっとしてもうた(笑) 22:43
メインの趣味をスピーカー自作としているゆったり人、かねてよりスピーカーの再生周波数特性を知りたい、としてベリンガーの測定用コンデンサーマイクとマイクアンプとパソコンとで測定を試みたことがありました。
その際は高音域の信号がなぜか入ってこないという、たぶんパソコン側のトラブルがあったことでそれ以降はまったく出番が途絶えておりました(もったいない)。

先日、押入れ整理をしておりましたら、そのマイクとマイクアンプが出てきましたので、現在のパソコンでやってみようとつないでみましたが、説明書などが見当たらないものでどうもうまく測定ができません(大汗)
しばし格闘しましたが、面倒になりました(笑)

話は変わり...測定という点においては...

iPhone+測定アプリ+外部マイクという組み合わせでも測定ができるので、TASCAMのマイクでやってみようと思っていましたらiPhone5がドックコネクタからライトニングコネクタになってしまいました。
iPhone5とした私としては、すぐにライトニングアダプタ版が出るに違いないと思っていたものの、ドックコネクタ版は現行商品ながらライトニングコネクタ仕様はTASCAM製品には今だにないようで...(汗)
アダプタを介してマイクを付けるのはちょっと...とこれまた見送り状態に。

そういう状況も踏まえて、もうかくなる上は!と勢いでぽちっとしてしまったのが...


測定専用のハンディツールです。
前々から欲しいなぁと思っていたもので、当時より価格も下がってました^^


【楽天市場】
 PHONIC フォニック PAA3 ハンディーオーディオ アナライザー


とはいえ、けっこうしますけどね...(汗)


そういうことで、スピーカーの再生音域を測定するツールではありますが、測定環境がマンションの1室などでは部屋の影響(反射等)を受けますから、自分の耳を補完する意味合いの参考的な利用であり、自作においては仕様変更をした場合の音変化の方向性確認のために、というところではありますが、それでも再生周波数がグラフで見えるというのはありがたい。
少なくとも再生している帯域は分かりますからね^^

ま、こつこつ投資は続くのであります...


ということで、メインサイトも良かったら覗いてみてください(ぺこり)

→ゆったり人のメインサイト
自作スピーカー 手作りの音を楽しみましょう DIY-SOUND




| スピーカー関連話題 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
Comment








おっ!買いましたか!? PHONIC仲間ですね。
サウンドハウスでも一時取り扱いを中止していましたが、最近また取り扱いを開始したなぁと思っていた所でした。
でも、楽天ショップの方が安いですね。
また、写真だとマイクの先が細くなっていてマイナーチェンジしたようですね。性能もアップしてるとショックですが…
これは絶対値が合っているかどうかは別として、測定条件さえ合わせれば即比較が出来ますので便利です。(バスレフダクトの効果など)
posted by 古舘@横浜 | 2013/07/11 4:13 AM |
古舘@横浜さん、こんばんは。
はい、買っちゃいました、PC+ベリンガー装置での測定がうまくいかなかったので、ええいっ!とかなりその場の勢いで買ってしまったという感もありますが、以前より欲しかったのでいい機会です^^
マイクがマイナーチェンジしているのでしょうか?
届いたらまたその写真をアップしてみようと思います。
手軽に音域測定ができるのはとても便利そうで、今からわくわくします^^
不明点など出てきましたら教えてくださいませ。
いつもコメントありがとうございます。
posted by ゆったり人 | 2013/07/12 1:46 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://yuttari.diy-sound.net/trackback/1242
<< NEW | TOP | OLD>>