| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
ヨナグニサンから... 23:52
先日訪れましたアイランドシティ中央公園から。
その際、昆虫標本展示会「春のむし展」が開催されてましたので覗いてみることに^^


標本がずらりと展示され美しい虫たちに感心^^
カブトムシの幼虫から水生生物、チョウチョの幼虫や、近くで見つけたと説明されたナナフシの子供など生きている昆虫もおりました^^

さて上の写真にも写ってますが、大きなガでありますヨナグニサン(↓ではヨナクニサンとなってますが)


羽を広げる(前翅長)と14cmぐらいになるのもいるそうで、日本最大のガであります。
世界最大のガの仲間、とありますが、ヨナグニサンはこの仲間では生息域北限となる沖縄県八重山諸島(石垣島、西表島及び与那国島)に分布しています。
与那国島で初めて発見されたことから「ヨナグニサン」と命名され、与那国蚕という漢字表記になります。
蚕(かいこ)の仲間になるんですかねぇ^^


特徴的なのは羽の先端ですね。
蛇を模しているようであります。
天敵のひとつに鳥があるのかな?と思いますが、それらを近寄らせないための柄なんでしょう...か。
この柄が求愛のため...ということはなさそうに思いますし(^^;)

しかしこれも擬態というんですかね、自分からは羽の柄は見えないでしょうに不思議とこういう柄を進化と共に手に入れる、ほんと不思議としか言いようがありません。

さて、世界最大のガの仲間であるヨナグニサンですが、さすがに世界は広い!、もっと大型の仲間がおるようで...
ちなみにAttacus atlas(アトラスガ)が学名とのこと。


インドで捕獲されたAttacus atlasという映像ですがデカイ!
手乗りインコ以上?というぐらいの存在感がありますね。

大きいものは前翅長が30cmに達するとのことですから、ヨナグニサンの倍!
羽面積とすればざっくり4倍程度になろうかという巨大生物!!

後翅がヨナグニサンより小さめで、横長に見えます。
蛇らしきデザインは共通のようです^^

まぁ、こんなのが突然自分目掛けて飛んできたら悲鳴上げそうですよ(笑)
 




| 日々の雑感 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
Comment








私は、蛾は小さくても
なんかイヤなんですよね、何故か不明ですが・・
(・ω・)

posted by jet | 2014/05/13 1:25 AM |
jet さん、こんばんは。
蝶より鱗粉が多い感じがしますし...
夜行性が多そうで、蝶の陽に対して陰のイメージありますし...
端的に色彩綺麗なガってイメージないし...
ですかね(笑)
いつもありがとうございます。
posted by ゆったり人 | 2014/05/14 9:14 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://yuttari.diy-sound.net/trackback/1444
<< NEW | TOP | OLD>>