| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
沈堕の滝ー1(大分県豊後大野市) 14:12

久しぶりのスポット訪問...

 

はい、こちら、沈堕(ちんだ)の滝。

 

大野川の中流域にある滝で、幅のある立派な瀑布であります。

(直線距離で7kmほど離れた上流側には、有名な原尻の滝がありますね)

 

道路沿いの展望所からのショットですが少々離れてまして...

 

こんな位置関係にあります。

 

正面に見えるのは雄滝、上の写真では見えませんが右手に支流がありまして、すぐのところに雌滝があります。

 

こちらが雌滝。

 

雄滝は高さ約20m、幅約100m

雌滝は高さ約18m、幅4m

 

とのことですよ。

 

ひとつ前の写真に写ってますが、発電所があったことがわかる遺構が残っています。

沈堕発電所跡です。

 

現地案内板より。

 

600年ほど前に、雪舟がこの地で水墨画を描いたとされていて、現物は関東大震災で焼失しているとのことで残念ですが、案内図右上のような水墨画だったようです。

「垂直分かれて十三条をなす」と表されたという沈堕の滝、雪舟は「鎮田瀑図」としていたようで、沈堕と鎮田との違いなど興味があるところ...(不明です)

 

案内図の一部をアップ。

今では発電所放水口から水が流れることはないのではないかな〜と思いますが、雄滝、発電所跡、雌滝の位置関係が分かります。

 

雄滝をアップしてみますと、滝の上部には堰らしき構造物が横たわっているようですね。

発電所と関係深い遺構であります。

 

つづきます^^

 

→ 沈堕の滝の場所(マピオン)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| スポット訪問 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://yuttari.diy-sound.net/trackback/2140
<< NEW | TOP | OLD>>