| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
沈堕の滝ー2(大分県豊後大野市) 09:26

前回は

 

→ 沈堕の滝ー1(大分県豊後大野市)

 

道路沿いの展望所から移動して、公園として整備されている発電所跡に行ってみます。

駐車場も広くはありませんがあります。

 

滝の近くまで行ける遊歩道が整備されています。

ちょうど発電所跡付近です。

 

先の記事で...

 

こちらの写真をアップしてましたが、この建物の上側に来ている感じです。

窓の形が左側に写っていますが、なんと屋根はなかったのですね〜(道路沿いの展望所からはちょうど木々に隠れて見えず、まさか屋根がないなんて...という感じ)

 

角度違いでもう少し発電所跡を...まさに遺構といった雰囲気。

 

発電所跡の遊歩道反対側。

ここから発電用の水を勢いよく取り込んでタービンを回していたもの...と思います。

 

きっと...滝上から取水した水を流されていた水路。

ただこのあたりは水路が分かりますが、もう少し上流側では分からなくなってます。

発電を終えた際に埋めたり等されたのかな?という気もします。

 

少し進むと遊歩道はこうなります。

 

2、3分で展望所に到着。

ここまでは沈堕の滝(雄滝)に接近できます(この先は崖ですね〜)

 

滝の上には発電用取水のための堰の跡。

人工物ではありましょうが、綺麗な水のカーテンといった雰囲気で特徴になっていると思います。

 

滝を構成する岩は、阿蘇山の9万年前の噴火による火砕流でもたらされた溶結凝灰岩とのことで、滝はその岩壁が崩落してできたとされています。

 

この日の水量は...直近の雨量などから平均的なんだろうなぁと思って眺めてきました。

 

つづきます^^

 

→ 沈堕の滝の場所(マピオン)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)

 





| スポット訪問 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://yuttari.diy-sound.net/trackback/2141
<< NEW | TOP | OLD>>