| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
コーヒー焙煎生活 06(並行して2号機も) 00:50

前回は

 

→ コーヒー焙煎生活 05(そして1号機へ)

 

1号機は本日も焙煎してばっちりと使用してます...けども、前回記載しましたように

 

気になる点1

 内部構造の難 豆が挟まりやすい。 (※今日は大丈夫でしたけどね)

 

気になる点2

 焙煎後の豆を取り出しにくい(けっこう致命的)

 なんども振って取り出す感じ、たまに取り出し先の網からはずれ遠くに飛んで行ってストレス。

 

気になる点3

 側面のステンレス板は、ネットで探してサイズ的にこれだ!とケーキ用のものを購入。

 直径は230mmありますが厚さ1.2mm、パイプ部の4mm厚に比べると差があります。

 でもって熱を加えていくと熱膨張で伸びるのでしょう、たわみます。これはちょっとイヤ。

 側面板は強化したいな。

 

という問題があります。

2と3はかなり解決したい!(結果として1も解決できればGood)

 

ということで、材料は手配してます^^

 

前回同様、オークションでステンレスパイプの端材を購入。

厚さ4mmのパイプだけあって、これはかなり丈夫。

 

内側は鏡面仕上げっぽい。

まぁ、見えなくなりますが、このあたりも品質がいいなぁと感じます。

 

でもって側面板を今回は強化します。

業者さんに、上記の開口までお願いして手配。

5mmの固定用ボルト穴と、中央部は42mm、もうひとつは38mmで開口してもらってます。

 

前回は金属用自由錐(ステンレス対応の金属用)を購入しましたが、2.0mm厚までOKというのに1.2mm厚で大苦戦。

何が悪かったのか...(不良品やったかもなぁ、酷かった)

 

今回は素直に専門の方にお願いしました(開口サイズは1号機と異なりますけどね)

(前回の工具代金まで考えたら、丸板の厚みがUPしたことまで考慮するとお願いした方が安い)

 

丸板の全体直径は1号機と同じく230mmとしました〜

 

こんな感じでパイプをサンドイッチですね。

パイプ側の適切な場所に固定するための穴をあけるのがまた大変ですけど...頑張りましょう^^

実家にあるサイズ的にギリギリ可能なボール盤で慎重にやります、手持ちドリルでの作業では微妙な位置合わせはかなり難しい...

 

いいですねぇ...

オーダー通りに穴が開いてます(当然か^^)

問題は、そのオーダーした仕様が合っているか...なんですけどね(すでに少し怪しいけど)

 

今回の側面板は3mm厚!

前回の1.2mmとは違って、パイプの厚さに釣り合う程度はあります。

 

1号機とは少し仕様を変更して、使い勝手の改善を目指すのであります!!

成功するかは...まだ不明^^

(ま、このあれやこれやとイメージしつつ進める作業が楽しいのですよ)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| コーヒー話題 | comments(0) | - | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>