| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
コーヒー焙煎生活23(コロンビア スプレモを焙煎してみた) 23:41

前回は

 

→ コーヒー焙煎生活22(焙煎後の豆の冷却を考える

 

冷却装置がとりあえず使えそうだ、となりまし3)たので使ってみようと焙煎してみます。

前回がモカ シダモG4を購入したのですが、グレード4ということあって粒も大きさもばらつきがあり、さらに焙煎すると色づきの異なる欠点豆もけっこうな割合である状況...

まぁ、そういうのを取り除いた豆でドリップするとなかなかのお味なんですけど、今回は大粒系でやってみたい!ということで...

 

初めてジェットコーヒーさんで購入(Yahoo!ショッピングでは「工場直売店コーヒー白豆屋・黒豆屋」)

 

欠点豆を取り除く前ですが521g。

焙煎2号機でこれぐらい煎れるのでは?とやってみます。

ちなみに欠点豆を取り除いたところ509gとなってました。

 

では、焙煎開始といきましょう^^

 

いつものようにベランダで^^

 

まずは予熱。

これまではだいたい160度で豆投入してますが、今回は量が多めなので180度ぐらいでやってみましょうか。

もっと高温まで温めてから、という方もおられましょうが、まぁいいでしょ。

 

180度に達したので生豆を投入。

結局、本体を横向きにして金属性ジョーゴを直接差し込む方法になりました。

まぁ、本体を片手で保持しないといけないのでちょっと重いけど一番シンプルでスピーディです。

(この時の仮置台はまだ作ってないんですよね〜、いらんかも、とも思ってる)

 

これからしばし、ぐるんぐるんと回し続けます。

豆の量を考えて、いつもより火力強めでスタート...

180度だった焙煎室内温度は豆が投入されると100度弱まで低下、これは想定内なんですけど、下げ止まってからの温度上昇が遅い...

 

ううむ...

10分経過しても豆は緑色の発色が強くなった程度の変化でまだまだという状況、これはアカンね。

もう少しスピードアップしたいけど、Iwataniジュニアコンパクトバーナーでは火力不足か...な(汗;)

けっこうなゴーという音を上げて熱を与えているんだけどな〜

この日はちょっと風も強かった、というのもあるでしょうけど...

 

19分になるのにこの色具合。

多少焙煎スピードが遅くても美味しくできるとは思います。

狙ってこの焙煎時間なら問題ないのですが、もっと温度上昇スピードを上げたいと思ってやっていてそうならない、というのは違うよね〜

今回は狙った温度管理できなかったですね。

 

結果的にじっくりと時間をかけて...^^

そろそろな色合いですね。
今回は、2ハゼ直前で止める、を狙っています。

 

冷却装置のファンのスイッチを入れて、その上のフィルター部に豆を排出します。

色づきもなかなか良い具合ですね。

 

なかなか美味しそうでしょ?

 

509g→424.5gという結果。

不手際があって何粒かロストしてますから実際はもう少し重さが残っているでしょう。

とにかく、時間はかかりましたがこの量の焙煎も可能ですね。

 

対策としてはバーナーの強化が必要...です。

なので...たぶん...やります!(笑)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| コーヒー話題 | comments(0) | - | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>