| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
コーヒー焙煎生活33(焙煎2号機の土台部分改良) 12:47

前回は

 

→ コーヒー焙煎生活32(焙煎するとふくらんで軽くなる)

 

土台部分の改良というほどのことではないのですが...

 

冷却ファンを使おうとすると、焙煎2号機の土台部分のL字金具が干渉する問題は発生。

ささっと設置したいときに、L字金具にうまく乗せてバランスをとらなくてはいけない、といのはちょっと困ります。

なので、L字金具を逆向きにしてハンドル部の方に向けてやれば干渉はなくなりますよね...

 

ということで...

 

土台の板を長いものに交換しました。

以前の板は、焙煎1号機から2号機に更新する際にドラム部の幅が広がったことで、L字金具の間隔を広げる必要が生じて取り付け直ししました。

その関係で板に無用な穴が出来てしまい「見た目悪いなぁ、いつかは交換しよう」と思って、ちょっと前に買っていた化粧板(メラミン化粧板)です。

買ったもののとりあえず困ってなかったので保留してたのですが、冷却ファン問題で「そろそろやるか」となった次第^^

 

ハンドル側にL字金具の足が向くように設置してます。

これにより手前側の開口部に冷却ファンを置くのに支障はないですね。

 

良い感じ^^

想定外だったのは、L字金具の足の向きが変わったことで、カセットガスの置き方も変更する必要が出てきてフードの折り曲げ部を拡大しました(写真では左側に折り曲げ部を伸ばしてます)

 

反対側から見た様子。

 

焙煎時は、この板ごとミニちゃぶ台に乗せて使います。

自分はこちら側に座って右手でハンドルを回し、左手で豆の煎り具合確認や冷却ファン操作といったことをやります。

以前の板より横幅がありますので、ストップウォッチや投入豆の生豆を置いておけたりと、かなり使い勝手が上がりましたよ^^

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| コーヒー話題 | comments(0) | - | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>