| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
コーヒー焙煎生活35(マイクロトーチを買ってみた...けど) 23:31

前回は

 

→ コーヒー焙煎生活34(キリマンジャロ焙煎)

 

現在、Iwataniのカセットガスを使ったジュニアシングルバーナーを火源としているところですが、500gを焙煎しようとすると火力が少し足りないかなぁとか、ランニングコストを考えてたらガスよりガソリンかなぁと、ガソリンバーナーを検討したところであります。

結局はガソリンバーナーは使わない方向に決めたものの、その際に必要になるからと買っていたのが...

 

これ。

簡単に言えばターボライターってタイプです。

タバコを吸わない人にっては、普段ライターなるものは不必要...(ほんと使う機会ないですよね)

 

ガソリンバーナーへの着火は、ガス式のカチっとボタンを押すことで電気的火花を飛ばして着火するのと違って、こういったライター等を使うものが多いので購入したのです^^

 

ホームセンターで物色したら、最近は使い捨てのタイプがけっこう多いんですね、びっくりしました。

どうも使い捨てはいやだなぁ...充填式がいいなと思って、ネットで見つけてこれにしました。

 

取り急ぎ絶対に必要、というツールではなくなりましたが、引き続きIwataniのカセットガスは今後も使う予定なので、ライター代わりに持っておけば便利ですし、使い捨てタイプよりエコだよねという理論です。

 

使用しないときはキャップにより保護されるバーナー部。

 

着火する際は、あらかじめキャップ部を開放します。

このキャップ、着火ボタンと連動して自動で開いたり閉じたりしたらいいなぁとは思いましたけど、別に困りはしません。

 

すばらしい...

絵に描いたように青白い炎が放出されます。

 

購入時は、ガソリンバーナーにこれで着火しようという構想でしたが、諸般の事情で見送りです。

ランニングコストはガソリンを気化してバナーとするものが安いのですよ、間違いなく。

でも、コーヒー豆焙煎での使用頻度とか、火力調整のダイレクト感とか、ガソリンの取り扱い、保管面とか、いろいろと検討した結果、現時点では引き続きカセットガスを使うIwataniのジュニアシングルバーナーでいいや、という結論に至った次第です。

 

でも、今後のためにこのライター代わりのバーナー(マイクロトーチ)は手元に置いておきます(^^)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| コーヒー話題 | comments(0) | - | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>