| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
コーヒー焙煎生活37(ドラム内冷却ファン検討箇所の簡単対策) 19:22

前回は

 

→ コーヒー焙煎生活36(ドラム内冷却ファンに要対策箇所) 

 

ドラム内冷却ファン、使用中にだんだんと先端部が下がってしまう現象については次回の焙煎時までには対策しておきたいところですが、あまり手間はかけたくないところ。

金属を削るとか穴を開けるとかは、最終手段だよね。

 

一応ホームセンターで...

 

ホースバンドはチェック済。

パイプ先端部が下がっていくのは差し込み部が緩いためだろうから、樹脂製パイプ部の外側からこれを使ってグリリリィィと締めこんでやれば対策になるのではないか、という気がしたのですね。

 

ただ、400円ぐらいと、けっこうします。

しかも一つで良いのに二つ入っているのもどうかなぁと。

ステンレス素材なので長持ちしそうですし、二つはいらんな〜

 

ということで、購入見送りとしました...

 

改めてこうなってしまう部分を眺めていると...

いい具合に段差があるじゃないの?

要は抜けようとする部分を、引っ張っておけばそうはならない!

 

ふむふむ...と部屋を見まわして、とりあえず有効性のある超簡単対策を施しました。

 

はい!(笑)

 

紐で引っ張ってしまえ、です^^

パイプの継ぎ目部がいい具合に段差となって、紐をかけられるんですよね。

それを本体ボックス部に回して締めてやれば、これ簡単に抜けませんよ。

 

無駄に長い部分はカットすればもう少しは見た目良くなりましょう...

たぶん一度使うと汚れますから、それをまた外して別の利用...とはならないでしょうしね。

 

先端部を上から押してみましたが大丈夫ですね。

押すと、先端部が傾くような(抜けるような)動きはなく、支点を介してボックス部側が持ち上がるようになります。

 

対策としては完璧!

 

紐だけで解決するじゃん、と我ながら納得の解決策となりました〜

よしよし、これで焙煎時も安心でしょう。

 

被覆ワイヤーで固定する方が見栄えは良くなるかもですね。

紐が汚れすぎてどうにもならん、となれば考えます^^

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| コーヒー話題 | comments(0) | - | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>