| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
我が家へ2代目 BRAUN電気シェーバー Series7がやってきた!! 21:56

あれは...

 

→ 誕生月 ブラウン電気シェーバーが来た!

 

ですから、もう6年前になるのですねぇ。

そう、私はブラウン(BRAUN)がやってきてからは電気シェーバー派であります(それまではT字カミソリで剃ってましたが弱い肌なものでね)

刃は一度交換しましたものの交換後かなり経過したけど、シェーバーはすこぶる快調、すごいよBRAUNという状況でしたが、この夏...

 

代替することに!

実家から、誕生月(8月だけどちょっと発送が遅れたらしくてね)ということで、役立つものが良いだろうと再びBRAUNがやってきました!

Series7のとあるグレードですね(くわしくないので...汗;)

 

Japanetのセットモデルで、なんと替え刃付属して、洗浄液が1個のところ+2個となります。

なかなかうれしいセット。

替え刃がね、いざ買おうとするとけっこうするのよ〜

 

以前プレゼントされたのもSeries7。

同じくSeries7とはいってもモデルがいろいろあって進化してきているわけですが、せっかくなので2014年にもらったモデルと比べてみると...(左が2014年にもらったモデル、右が今年2020年にもらったモデル)

 

※現時点ではBRAUNのホームページには新しいデザインとなったSeries7へバトンタッチしています。

 以降、Japanetの2020年販売モデルとご認識ください。

 

まず洗浄機のデザインは同じですね。

本体塗装がラメ入りかそうでないかぐらいで形状は同じみたい。

充電ケーブルが違いますね、

くるくるコードの2014モデルに対して、2020年モデルはコードはシンプルなストレートタイプ。

洗浄液のタンクデザインは同じでしょう。

 

 

充電コードの取り付け部は、2014年モデルの方が差し込むとL字に収まり、こちらの方が場所をとりませんね。

アダプターの出力定格をみますと同性能でしたので、ケーブルは2014年モデルを使おうかなぁと思っています。

 

持ち運び用のケース。

形状は同じみたい(ブラシもね)

ちょっと色味が違うけど、経年劣化なのかなぁ、肉眼ではあまり変わらない気がします。

 

さていよいよ本体。

カラーは今回シルバーになりましたよ。

 

お尻部というのか、充電インジケーター部分が2020年の本モデル(Series7にもいろいろあるみたい)は液晶になっています。

それ以外は基本的には同じかな。

6年以上基本形状変わらず、実際これまで6年間使ってきましたが不具合なしですからね、安定した評価を得ているのだろうと思います。

 

洗浄台・充電台に置いたところ。

色は違うけど見慣れた安定感!

 

2014年モデルは充電時、使用時はこのように充電残量がパーセント表示されます、LEDでしょう。

自分の髭剃りに使用すると、ギリギリ2週間持つかなぁというバッテリー具合、6年使ってても不満なくまだまだ使えます。

 

2020年モデルはバックライトのない液晶表示。

バッテリー残量と、清潔度が表示されます。

写真の表示は、バッテリーは空、清潔度は現在ゲージが6個表示されていて一番清潔な状態。

清潔度の表示がなくなればアルコール洗浄やりましょう、ってことですね^^

 

2014年モデルもまだまだ活躍できますが、一旦これにて世代交代ですね(予備機として待機させます)

明日から2020年モデルで髭剃って出社します(今回も御礼!!)

 

→ BRAUNシェーバー(amazon)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| 日々の雑感 | comments(0) | - | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>