| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
最後の一口、魚の骨にはご用心(喉にささった話) 18:44

(旧ゆったりねっとからの移行記事)  

 
まだ私が20代前半の頃、北九州は黒崎付近で働いていたときのこと。

コンビニで幕の内弁当を買って事務所へ帰り昼食をとることにしました。

A型の人ってこんなことありませんか?

“好物のおかずを最後まで残しておく...”

まぁ、八宝菜でいうところの“うずらの卵”といった感じでしょうか(^^)


幕の内弁当でいくと、それはサバの塩焼きでした。
もちろん途中途中で食べつつも、最後にそれなりの大きさのサバが残っており、最後のご飯と一緒にモグッと口に押し込んだのです。

(ほ〜、おいしいの〜)

と思って、ゴクリと飲み込むと

ズキズキッ!!!

げっ、喉にサバの骨が刺さった!!


こんなときは、ご飯を飲み込めば取れるもんね〜(^^)


って、最後のご飯は今飲み込んだばかりじゃん!(大汗)


仕方なく、お茶やら水やらガブ飲みしてみますが、まぁ取れません...(とほほ)

唾を飲み込む度に違和感が...


でも、まぁ営業時間中はそのまま過ごしたのです....がやっぱり喉に違和感がある!!!

ひょっとするとこのままでは、喉が化膿するかもしれない。ヤバイ...
不安が増幅されていきます。


15時ごろ、おやつが出ました。
よし、コレで骨も押し流すことができるだろう、と思ってゴクリと飲み込みますが...

????

取れません。
推測するに、唾液などの効果で骨が軟くなっていると思われます。
なので、固形物が入ってきても骨はぐにゃんと曲がってひっかからない、ということのようです。

骨が刺さってからは時間の問題なんだ!!

と遅ればせながら気付いた瞬間でした。


ということで、仕方なく夕刻から耳鼻咽喉科に行くことにしました。
事務所スタッフに聞いたらベテラン先生がいるから、ということでけっこう近い病院を薦めてもらいましたので迷わずそこへ^^

入ると、なるほどベテラン先生に相応しい歴史を感じる病院(端的に言えば古い^^)。
でも、狭いけど患者さんが多いです。
さらに不思議なことに、待合室に入りきれないので診察室の中まで椅子があって、先生と診察・治療を受ける人が部屋の中央に、そして部屋内をせっせと動き回る看護士さんを見ながら、診察室の壁際をぐるりと囲むように順番に患者が座っているのです。

自分の番となった患者さんは、それ以降に待つ患者の視線を浴びながら診察を受けるこの光景、今にして思えば他ではありませんね〜(この病院まだあるかな)


で、私も皆さんの診察風景を見ながら、初老の先生を眺めておりましたが、いよいよ自分の番がやってきました(汗)
多くの患者からの視線を強く感じます^^


先生に向かって座ると、

先生「どうしたの?」

オイラ「はい、サバの骨が刺さりまして」

先生「サバね、どのあたりと思う?」

といわれたので、感覚的にこのあたりかな〜という喉の部分を指で指しながら、

オイラ「この辺でしょうか」

先生「はい、だいたい自分が思うところより上に刺さってますよ」

オイラ「そ、そうなんですか」

先生「では診ましょう、口開けて〜」

オイラ「は〜い」

ということで、診察開始。

先生「見えませんね、あ〜と言ってもらますか?」

オイラ「あ〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・・・・・」

先生「おかしいな、見えませんね」

オイラ「えっ、そうですか?」

先生「まだ感じますか?」

オイラ「あるように思うのですけど...」

とちょっと自信が揺らぐところ(苦笑)

先生「このあたりまでに大抵あるのですけどね...もう少し奥かな」

オイラ「あ〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・オウェッ・ゲホゲホッオエッ」

喉の奥に鏡やら何やら突っ込まれて吐きそうになります。

唾が垂れても大丈夫なようにボールみたなのを口元に添えつつ、嘔吐まではしなくてもオエッオエッと散々です。
何度も何度も喉奥へ突っ込まれてはオエッ・ゲホゲホとなるし、目はウルウルになってしまうし、そんな姿を回りの多数の患者から注目されるし、なんてこった〜い!!

先生「こんな奥に刺さるなんてことないけどな....」

オイラ「ゴホゴホ、ウエェ〜っ!・・・・」

先生「ん!? あった、こんな奥に?」

となにやら感心顔。(先生感心している場合ではありませんよ...)

先生「はい、では取りますね」

オイラ「ゴホゴホ、ウエッ(はやくして〜)」

でもこれまたなかなか取れないのですよ(涙)

しばらく先生と喉に突き刺さった骨との格闘です、

オイラ「あ〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・オウェッ・ゲホゲホッオエッ」

もう、悲惨な声になってます。
周りの患者からも同情の視線を感じてきました(ははは)


暫くオイラの見苦しい声などが響いた後に...




先生「取れた!!!」

オイラ「 (安堵) 言葉なし...」

先生「こんな大きいのが刺さってましたよ」

と、3cmは超えている太さもそれなりのサバの骨をピンセットでつまみ上げました。

すると、周りの患者さんから一斉に歓声と拍手が!!!
なんといいましょうか、この診察室にいる人の心がひとつになったかのような一瞬が訪れたのであります(オーバーか^^)

しかも、看護師さん(女性だから看護婦さんでダメかいな)がご丁寧に取れた骨を、ぐるりと取り囲む患者さんに見せて回る演出付!!
感動の余韻が長引くのでありました^^

なんてアットホームな病院なんだ(笑)


とまぁ拍手をもらった診察は初めての経験でした。
う〜ん、これって良い思い出....ですよね(大笑)


その後は、最後に骨のある食材を残すことはしないように心がけております。
どうぞ皆様もお気をつけくださいませ。


(2007年12月20日 旧ゆったりねっと掲載)




| 笑える?系 | comments(8) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
Comment








>“好物のおかずを最後まで残しておく...”
  まぁ、八宝菜でいうところの“うずらの卵”といった感じでしょうか(^^)

まさにその通りです!!
ハイっ、
わたくし、A型でございまぁ〜す(^。^)/
posted by tibiko | 2009/08/22 7:37 PM |
お魚の骨ー!!
あれ、ひっかかると本当につらいですよね(>_<)
私もA型なので☆
最後に好きな物派〜魚の骨にも気を付けますぅー!!
ポチ☆
posted by ゆみネエ | 2009/08/23 12:48 AM |
tibikoさん、こんばんは。
A型は楽しみを最後に残す性格なんですかね〜^^
兄弟が多いと、取り合いのなるので好きなものから食べてしまう、という話を聞いたことありますが、どうなんでしょ。
いつもありがとうございます。
posted by ゆったり管理人 | 2009/08/23 3:03 AM |
ゆみネエ さん、こんばんは。
ご飯を流し込むと刺さった骨が取れることありますが、時間が経つと骨が柔らかくなってひっかからないんですよ。
刺さったらすぐに対策を...であります。
いつもありがとうございます。
posted by ゆったり管理人 | 2009/08/23 3:05 AM |
可笑しくてためになる。
ゆったり人さんのブログには教えられることが多いです。
何を隠そう、まさかのA型(自分では天才肌のB型だと思い込んでいました)
“うずらの卵”は最後までとっておいてつるりと箸から滑りアレ〜という結末に終わる情けないタイプです。
鯛でなくて何よりでした(経験者)あれは凄いです、溶けません。
魚の骨が取れなくて嫌いな子供や若者が増えていますがいけませんね〜。
青身の魚は脳の重要な栄養素ですから。
posted by kuma-boo | 2009/08/23 10:49 AM |
こんにちは〜
黒崎での話ですか〜
先日、2泊もしたので親近感があります。
私も魚骨、耳鼻科でとってもらったことがあります。
2日ほどささっていたのに、一瞬でとってもらえたので、
先生すごいな〜と思いました♪
posted by 京都ふらり | 2009/08/23 4:01 PM |
kuma-boo さん、こんばんは。
そんなお褒めのお言葉、やる気が充填されるような思いです。
ありがとうございます。
>“うずらの卵”は最後までとっておいてつるりと箸から滑りアレ〜という結末に終わる情けないタイプです。
私も似たようなことで涙した思い出が...
鯛の骨ですか、痛みもそうとうのものと、気をつけねば。
最近は骨がない切り身や冷凍食品が増えてますよね。生協とかにも。
ますます、骨があると食べれないようになっていくのでは?と思います。
いつもありがとうございます。
posted by ゆったり管理人 | 2009/08/23 11:15 PM |
京都ふらり さん、こんばんは。
黒崎に二泊ですか、いろいろ満喫されましたか?
黒崎の裏側へ行く道路アクセスも改善されてきてますので、私が住んでいる頃よりかなり道路事情はよくなってます。が、黒崎自体のパワーがこんなに衰えているのか...と今年愕然としました。
地方都市の弱さですね、なんとか盛り返してほしいな〜
京都ふらり さんも骨をとられたことあるんですね^^
いつもありがとうございます。
posted by ゆったり管理人 | 2009/08/23 11:18 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://yuttari.diy-sound.net/trackback/24
<< NEW | TOP | OLD>>