| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
ある男...柳川から歩くの巻 01:25
 
先日のことである。

その男は、ちょっと遅めの時間から福岡で気心の知れる仲間と飲んでいた。

仕事の話題から、プライベートな話題、なぜかサンポー焼○ラーメンの話題で盛り上がった。

ビールから始まった飲み会も、2時間が経過するころは焼酎のボトルが空になっていた...

リーダー格の男が言った

「よし、そろそろ帰ろうか。次は○○○でゆっくり飲もう!」

「いいねぇ、決定!」

4人は一斉に立ち上がった。
店を出ると、その男は別れの手を振り、西鉄電車のホームへと駆け上がる。

ちょうど滑り込んでくる急行電車、その男のためにやってきたかのようだ。

その男は迷わず急行電車へ乗り込むと、タイミングよく椅子に座ることができた。福岡をこの時間に発車する急行は、なかなか座ることができない...

その男は、酔いがまわりつつも自宅最寄の停車駅時刻を確認し、携帯電話のアラームをセットした。
そう、乗り過ごし防止である。
その携帯電話を握り締め、万全の体制で眠りに落ちる...その男。


・・・


その男は、大きく体が傾いていることに気付き、目ざめた。

「・・・」

電車の速度が落ちていく、駅に到着するようだ。
しかし、見慣れた光景ではない...

車内のアナウンスが流れる...

「柳川に到着します」

「!!!」

その男は動揺したが、それを微塵にも気付かれずに電車を降りた。
そう、乗り過ごしたのだ。
アラームはどうした...無意識に止めたのか?

どれぐらい乗り過ごしたのか...



久留米−柳川
上の○印内にある久留米圏内の駅で降りるところを、下の○印にある柳川まで乗ってしまったのだ。
あまりにも快適な電車の旅だった。

その男は、約1時間の仮眠によるものか、乗り過ごした衝動のせいかは分からないが、頭はスッキリと目ざめ、事態を十分に把握した。

「しもた〜っ!!」



「ううむ、もう上りの電車はないのか」

何の表示もない電光の電車案内板、なんとも悲しい光景だった。



その男は考えた。

1) タクシーで帰る
2) 駅で仮眠して始発で帰る
3) 嫁さんを呼ぶ


・・・


「ふっ」

その男は、決心したかのようにau携帯電話を取り出し、手馴れた作業でEzナビウォークを起動。
そして自宅までの距離を計算する。

東京の単身赴任の頃は、目黒から蒲田、飯田橋から浜松町、日本橋から新宿といった都内を縦横無尽に歩いたその男。あれだけ交通が整備された都会をスーツ姿で歩いたその男。
なぜに飯田橋から浜松町まで...驚かれたものである。

そう、歩くのが好きである。

が、Ezナビウォークが示した距離は約20km(大汗)

1時間5kmで歩いたとしても、4時間!

「ふっ、こいつはちょっとハードだぜ」

その男の口元が引き締まった...が、全体には締まる顔ではない楽天的だ。
ただ濃いヒゲは、存在感をましている。


その男は歩き出した。

テクテク テクテク

歩く歩く


スーツ姿に、カバンを持って、Ezナビウォークの示すルートをひたすら歩く。
ま、行程の大部分は1本道で迷うことはない知った道(主要道)だ。

車で走るのと、歩くのでは見えてくるものが違う。
よく知るには「歩く」。
それが一番だと、その男は改めて思いながら

テクテク テクテク

歩く歩く


よりによって、カバンにはノートパソコン(私有物)に大型手帳が入っている。
大して重くなくても、時間がたてば次第に手のひらが痛くなる...

こんなことなら、ノートパソコンを自宅で開くこともなかったのになぁ
その男は空しい手ごたえを十分実感しつつ...


テクテク テクテク

歩く歩く


深夜、少ない交通量のライトが眩しい。

映し出されるその男、なぜにこんなところをこの時間に歩いているのか、疑問に思われたことだろう。

駅から近いならまだしも、終電時刻を大きく超えて、また主要駅から離れたところを歩くスーツのその男、人が思うより本人が意識してしまう怪しさである。


テクテク テクテク

歩く歩く


さすがに20km、Ezナビウォークでの進捗がなかなか進まない。

遠いぞ20km...

マラソンで42.195kmを2時間20分位で走るランナー、驚異的だなと思いながら、前後の視界に車がいないときを狙って小走りしてみる。こんな時間に、カバンを持ったスーツ姿の走る姿は.....あまり見せたくないの〜、とその男は思った^^


テクテク テクテク

歩く歩く


途中セブンイレブンと24時間営業サニーで水分補給をして


テクテク テクテク

歩く歩く


革靴でこの距離はきついな...
非常時のためにスニーカーが必要だ...こういう事態に備えてカバンに入れておかねばならんな...

などと非現実的なことを考えながら


テクテク テクテク

歩く歩く


2時間を超えたあたりから、その男は歩くのが飽きてきた(笑)
主要道、新たな発見があるといってもそれほど代わり映えのするルートではない。


停まる気配すらなく追い越していくタクシー、「ひょっとして?」と商売しようという気はないかな?...などと疑問を投げつつも、小さくなる天井のライトを見送りながらこのローカルなところをけっこう走っているものだ...

と感心するその男。
そして、ここまで歩いたからには、今さらタクシーなんぞ九州男児としては許されん!

と意味の分からない闘志を燃やし


テクテク テクテク

歩く歩く


テ..ク..テ..ク.. テ..ク..テ..ク..

歩..く..歩..く..



やっぱり、駅で仮眠すればよかったか

その男は次第に重い足取りとなり、ペースが落ちていく...


が、もう先が見えている。
Ezナビウォークが示した到着時間通りだ。


テ...ク...テ...ク テ...ク...テ...ク

歩...く...歩...く...

つ...い...た...


その男、柳川から歩いて久留米の自宅まで帰ってきた。
3時間30分の道のり。


無意識のうちに止めたであろうアラーム。
僅か数分の気の緩みが、リカバリーに3時間30分を要することとなった。

40分程寝て帰る予定が、3時間30分も睡眠時間を減らすとはえらいことである。


その男は決心した。

これからは、飲んだときは座らずに立って帰ろう...

失敗から得た教訓である。


PS.でも、語れるネタができて、この出来事には大変満足しているその男である。


(記事内、Mapionの地図をお借りしました)




| 笑える?系 | comments(14) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
Comment








その男は完全にアルコールもぬけ
足腰も鍛える事が出来ましたね!
そう僕も東京に住んでた時に
よーく歩いた!!事を
思い出した!
都会では歩く事が多いですよね
今は全然無理だけど
疲れ知らずに歩いてました(笑)
朝ぽち!
posted by kensuke^^k | 2009/09/04 6:34 AM |
若い頃を想いだしながら楽しく読ませていただきました。大酒飲みでしたから飲めば終電などない、金もないので銀座のデザイン会社から三鷹までよく歩いたものです。
夜中の2時頃歩き出して朝日が昇る頃着いて殆どそのまままた会社にというバカなことを何度もやっていましたね。
まだ山男時代でしたから歩くのは平気でしたが、タクシーの行き交う中をフラフラになって歩き、よく生きていたものです(笑)
中央線は高雄までいくと絶望的です。ホームのベンチでごろ寝です(涙)
☆!
posted by kuma-boo | 2009/09/04 12:41 PM |
チャレンジャー、ですね!(^。−)
posted by tibiko | 2009/09/04 5:54 PM |
大変でしたね〜、足にマメはできませんでしたか?
でも3時間半で着くんだ!(@0@)
ウチの主人も学生時代、終電を逃して天神から二日市まで歩いたことがあるそうです。
さらに社会人になってからも、ドリームつばめで寝過ごして西鹿児島まで行ったらしい!
冬だったので、ATMが開くまで駅員室のストーブにあたらせてもらったとか(笑)
油断大敵ですね☆
posted by 小雪 | 2009/09/04 10:44 PM |
その男、確か30代半ばでしたよね。
まだまだお若い!
私もひと駅乗り越したことがあって泣く泣くタクシーで引き返しましたが、4〜5劼鯤發気力が出ませんでした(>_<)
20劼發△襪肇織シーに乗る勇気がなかなか出ないかも(笑)
posted by ひまる。 | 2009/09/05 8:26 AM |
その男の方?に
よく歩かれましたと
お伝えください(笑)

しかし3時間30分は〜〜〜(笑)

熊本はご存知の通り
飲んで電車で帰るという
シチュエーションの方は
結構少ないのでは・・・

多分僕も
そのような場面になったら
終電まで寝てしまうだろうな〜(笑)ぽち
posted by ゆっき〜 | 2009/09/05 3:02 PM |
こんばんは
いつもながらに読ませますね〜。お見事です(^.^)
自分は今日折りたたみ自転車で40キロちょっと走ってきましたが、
徒歩で20キロというのは比べられないくらい凄いですね。
しかも飲んだ後なんて...ビックリです。
posted by Terumasa | 2009/09/05 8:05 PM |
kensuke^^kさん、こんばんは。
そうですね、有酸素運動という点からも◎です(笑)
kensuke^^kさんも歩かれてましたか、確かに都内は意外に歩いてもあちこち行ける距離、というのもありますよね。
いつもありがとうございます。
posted by ゆったり管理人 | 2009/09/05 11:49 PM |
こんばんは。
銀座から三鷹、それもまたそうとうありますね!
高尾まで...相当な距離ですね。
景色も相当違うだろうなと想像します。中央線は国分寺までは行ったことありますが、仕事でしたので記憶が薄いです。
しかしさすがに歩かれるのは強いですね^^
いつもありがとうございます。
posted by ゆったり管理人 | 2009/09/05 11:55 PM |
tibikoさん、こんばんは。
靴が革靴でなければ、もう少し楽しく歩けたのですけどねぇ。
その点が一番チャレンジャーだったかもしれません(^^)
いつもありがとうございます。
posted by ゆったり管理人 | 2009/09/05 11:56 PM |
小雪さん、こんばんは。
天神から二日市、それも距離ありますね。
田舎とちがって信号が多い分時間かかりそうです。
ドリームつばめで鹿児島まで...夢見心地で着いたら悪夢って感じでしょうか。良い駅員さんで思い出になりますね。
いつもありがとうございます。
posted by ゆったり管理人 | 2009/09/05 11:58 PM |
ひまる。さん、こんばんは。
そうですね、その男さんはちょうど30代の半ばを通過中です^^
たまにはいい運動になったかな〜という感じです。
20kmのタクシー代、いやぁ財布と相談してもなかなか良い返事が得られませんで(苦笑)
いつもありがとうございます。
posted by ゆったり管理人 | 2009/09/06 12:00 AM |
ゆっき〜 さん、こんばんは。
分かりました、伝えておきます^^
熊本の場合は、確かに電車で帰るという人の割合は多くはなさそうな気はします(熊本でほとんど飲んでいないので、皆さんのイメージが合ってないかもですが)。
でもJRに乗ったと仮定したら、乗り過ごすとけっこう遠くまで行ってしまいますね。
いつもありがとうございます。
posted by ゆったり管理人 | 2009/09/06 12:04 AM |
Terumasaさん、こんばんは。
ありがとうございます、楽しんで頂けました?(笑)
自転車で40kmも凄いですよ。いい風にあたって気持ち良さそうですね。
けっこう飲んだあとでしたが、ショックからかスッキリして歩けました^^(不思議)
いつもありがとうございます。
posted by ゆったり管理人 | 2009/09/06 12:06 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://yuttari.diy-sound.net/trackback/41
<< NEW | TOP | OLD>>