| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
新しいコーヒーアイテムがやってきました! 22:40

ちょこちょことコーヒーに関するアイテムを入手中^^

いろいろコーヒーを抽出する方法があって面白いですが、今のところは圧をかけて抽出する方向に興味があります。

 

先日からご紹介してますマキネッタもそうです。

まだ...ドリッパーにこだわる領域には達していません(笑)

 

で、今回入手しましたのが...

 

はい、ネスプレッソ!

家庭用でもお手軽系からなかなか本格的なエスプレッソマシンまで販売されてますが、ネスプレッソは少し簡素ながらエスプレッソマシン並もしくはそれ以上の圧をかけて抽出することができる、マシンであります。

 

ネスプレッソ用のコーヒーカプセル(いろいろな銘柄がある)が販売されてまして、箱の左下に写っている一口ゼリーみたいな容器のそれですが、これを本体にセットしてボタンを押すとエスプレッソが抽出できるというものです。

なんとお手軽なんでしょう...

1回に抽出できる量は少ないけど、エスプレッソマシンでなくても気軽にエスプレッソが楽しめるならアリだな、と購入しました。

 

展示用とのことで売られてました。

でも未使用品ですし、ネット売買でかなりお安く入手できました。

 

こんな形になります。

背面にウォータータンクを背負ってます。

展示品とはいえ未使用品ですからね、さすがに綺麗な個体です。気持ち良く使えますね〜

これは良い買い物だったな(大満足)

 

しかも2019年製と新しい。

いろいろな年式の中古品が出てますが、新しいものに越したことはないですからね。この点も良い買い物だったな〜。

 

銀色のレバーを上げるとノズル部が手前に引き出され、上部に開口部が現れます。

ここに専用のコーヒーカプセルをセットしてレバーを下げ、ボタンを押すとコーヒーが抽出される、という仕組み。

とてもお手軽ですねぇ。

 

まだコーヒーカプセル(またはそれに代わるもの^^)を購入してませんので、近く追伸させていただきます^^

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| コーヒー話題 | comments(0) | - | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
今年も御礼です 09:42

以前からの定例化している重要イベントとなります(笑)

ちょうどいい具合に私が夏季、ゆったり人X号さんが冬季ということでちょうど半年に1度の生誕祭イベントとしてお互いのお祝をしております。

 

夏の8月が私の誕生月..コロナ禍があろうともこのイベントは優先実施、ということでウィズコロナ対策をもって、今年も祝って頂きました(ぺこり)

 

いろいろと今回も盛りだくさんの内容でありますが、書き尽くせませんので、ディナーの様子など^^(ほぼ1日ご一緒してましたからね^^)

 

ディナーは前回2月に引き続きソラリア福岡ホテルの鉄板焼浅黄さん。

皆さん感じがとてもよろしい^^

 

冷たいジュレから...

シャンパンを堪能しつつ

 

カルパッチョですかね。

しゃきしゃき野菜も舌ざわり抜群!

 

去年?、一昨年?、、、リニューアルされた際に鉄板も刷新されたそうです。

鉄板、使い込んで色が付いていくのも味にはメリットでしょうけど、お客さん目線ではやはり綺麗な鉄板での料理が好まれる、ということで、使用後は毎回綺麗に磨き上げていたそうです。

そうしますと、30年近く使用するとよく焼く部分の鉄板は薄くなり凹んでいき、いよいよは穴が開いたそうですよ(驚)

 

今回のリニューアルで刷新されたこの調理用の鉄板、上からみたら厚みはわかりませんが約30mmもあるそうです!

これだけの厚みがあれば、熱ムラが起きにくく調理にとてもプラスなんだとか。

 

自分のコーヒー豆焙煎2号機のパイプ部の厚みが4mm程度ですからねぇ、とんでもない厚さですよ。

 

オマールエビ、ぷりっぷりでした^^

 

 

メインディッシュのフィレ肉(写真は二人分、片方増量)^^

見るからに美味しそうでねぇ...

 

実際に適度に柔らかい食感とたまらないお味なわけです^^

 

あ、写真は撮ってないけどワインはゆったり人X号さん持参のポイヤック2011年の上級銘柄。

これまではカリフォルニア系のずっしり感のあるワインを好んで飲んできてますが、おフランスのワインはやっぱり上品ですね〜

口あたり優しいけど軽くはなくて、余韻よく料理を引き立たせてくれる感じ。

なるほど〜、ごちそうさまでした。

 

店舗1番といわれる方のガーリックライスの腕前をふるって頂き...

たしかにお米一粒一粒もっちもちに仕上がっていてちょっと感動。

 

今年も幸せなひとときを過ごさせていただきました〜(大御礼)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| 日々の雑感 | comments(0) | - | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
Gの怪 22:44

本日、9時ぐらいからコーヒーの焙煎をしようかな、とベランダに出たら何か落ちてる。

 

アブラゼミかな、鳴く時間は短くはかないものよ、なんて思ってベランダのコンクリート上から土の上へ戻してあげようと改めてみたら...

 

ちがう!

 

 

じゃんっ!!

 

 

黒々としてテカテカして、普段昼間はみることない、ある意味超ワイド・アンド・ローのスポーティなフォルムの生きた化石のアレね。

日本でみる最大級のGがベランダで動かなくなってます。

 

おいおい、なんでベランダでGが死んでるん?

と思って箒でなんとかしようと取ろうとしたら、そこにもGの死骸!

 

数日間のうちに、広くもないベランダに2匹のGの死骸って、過去に経験ないんだけど...

それに、後で見つけた方は完全に干からびた感じだけど、最初に発見してコイツはまだリアルな雰囲気...

 

って、触覚が動いてるやん!

 

勘弁してほしいなぁ、Gは嫌いなんですよ、ほんと。

 

どうしたんかな、どこかでコンバットみたいな毒でも食べたかな、それで、いよいよ瀕死というところ?

 

正直、うちで死んでほしくないなぁ...

仕方ないので、いらない紙でうまくすくって、2匹とも草伸び放題の空き地へぽ〜いっとさせていただきました(すんません)

 

これが朝方の話...

 

で、次が本日ちょっと前の出来事なんですが、パソコン画面を眺めていたらふと視界に動く物体...

なんや?と視線を動かしたらパソコンディスプレイ背面の壁の斜め上方に、これまた立派な

 

 

 

 

 

 

ちょっとまて、こんな明るい部屋に、そんな姿を見せるな〜っ!!!

しかも、こいつも最大級のサイズだよ。

さらには、そこ20cmぐらいだけど飛んだりする、ちょっとしたホラーです。

 

ただ、こいつもちょいと様子がおかしい。

飛ぶのも、なんといいましょうか、殺虫スプレーをふりかけられ弱った虫が飛べないのに飛ぼうとするような感じ...

壁から落ちるまでは弱ってないけど、動きは明らかにうまく飛べないし動きも遅い。

 

ピンピンしているGなら、そんなスローモーな動きではないからな。

 

壁にかけたカレンダー近くで動きが止まったので、ぼろ布で押し付け捕まえようとしたけど、下に落ちてしまってさぁ大変(涙)

パソコンディスプレイ背面のケーブル隙間に入ったので、ここは捕まえにくいとケーブルを動かしたり机をゆすったりしたら机の下へ逃げ落ちていくG。

 

動きは遅い、普通の状態なら部屋の端から端まで逃げ去る瞬発力が皆無。

机の脚近くへのろのろと動いていくのを見計らって、今度こそ捕獲、そのままぼろ布ごと圧殺してポイ...

 

ふうっ、疲れました。

 

 

朝方の2匹のGといい、死にかけのGの我が部屋乱入といい、何か起きてますよね、これ。

うちの賃貸マンションのどこかで、コンバットみたな毒餌を食べちゃった、なんてことあるでしょうか。

駆除されるのはありがたいことながら、我が家の区画で死んでほしくないよ、マジで。

 

つい先日かな、廊下の排水管を業者さんが高圧洗浄してたみたい、という情報も。

一緒に消毒もされたとか?

 

こういう状況から、何か有力な可能性、あります?(- -;)

 

そ〜れにしても、部屋に乱入してきたG、どこから来たんだろう(構造上、Gの通れる隙間があるんでしょうね〜)

次もありそうでマジで嫌ですわ。

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| 日々の雑感 | comments(0) | - | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
Slancio(ズランチョ)でゆったり人の淹れ方 09:08

先日ご紹介の...

 

→ ステンレス製マキネッタ「Slancio(ズランチョ)」

 

ですが、私がどのように使っているかの参考アップであります^^

一般的には「それダメ〜っ!」と言われるかもしれませんけどね(笑)

 

とっても思案の上で、大を小を兼ねると6cup用のズランチョを購入したものの、やっぱりいつも6cup分を作ったら飲みきれない。

 

エスプレッソまではなくても濃厚に出ますから、デミタスカップで6cup分となればかなりのコーヒー濃度摂取となっちゃいます。

カフェイン摂りすぎ注意にもなりそうで...

 

で、せっかくILSAのマキネッタには減量フィルターが付いているわけですから使って抽出しています。

 

さてまずは豆を挽きます。

愛用は、手挽きミル(コーヒーグラインダー)のZpro。

 

コーヒーグラインダー Zpro(以前Yahoo!ショッピングで購入)

 

高級系の手挽きコーヒーグラインダーも種類が増えてきてますが、個人的には使い勝手から現時点ではこれ一択!

粒度調整が上部のクリック感のあるダイヤルを回すことで簡単に、またメモリが付いているので視覚的に調整可能です。

よくグラインダーの刃部分につまみが付いていて、それを回すことで調整するモデルがありますがあれはどこまで回したらいつもと同じなのか、という調整がちょっとわかりにくいです。

Zproは、マキネッタのときは「1.5」、ドリップ用は「4」の位置という具合に使えます。

 

グラインダーとしての性能も申し分ないです。

ComandanteのC40というモデルが、これら高級手挽きコーヒーグラインダージャンルの人気に火をつけましたが、私はZproおすすめ^^

 

ということで、グリグリと挽きまして...

 

はい、こんな感じ。

かなり細挽きですよね。

これをバスケットへと入れていきます。

 

下の台は小さいブックエンドと手摺りなどのパイプをサポートする部材を固定したもの。

両手が使えるようになるので便利です。

 

上の写真では減量フィルターが入っています。

よって、コーヒー粉量は6Cup分に対しては半分になります。

 

説明では、あまり押さえつけず摺り切り程度入れてください、とよくありますが、私は中締めといいますかここいらで簡単に押さえておきます。

隙間があったり、粉の密度に濃淡が大きいとお湯の抜け道ができて圧が上がらない、というのもたまにありますので、均等に敷き詰めるいうイメージでやってます。

 

こんな感じ。

さらに粉を入れていきます。

 

中締めからあとに入れる粉に関しては、プラスチックスプーンでならしながら押さえる程度。

締め付けが強すぎると今度は抵抗が大きすぎて圧力弁から圧が逃げてコーヒーが上がってこない、なんてこともあります。

このあたりは感覚を養う必要があります、ま、そう難しいことはありませんけど。

 

ブックエンドを使ったこのバスケット置台。

ほんとは、別の器具のために作ったものなんです、それもいつかご紹介しましょうね^^

 

ボイラーに水を入れます。

減量フィルターで粉の量を半分にしてますが、水は圧力弁のすぐ下の満タン状態まで入れます。

 

以前はここでお湯を入れてました。

その方が早くできるから...と思って。

でも、味はえぐみが出るというか、正直マキネッタってこんなもん?という味になってました。

 

水からスタートした方がいいですね。たぶん、温度が上がっていく過程で蒸らしの時間があるからだろう、と推測しています。

 

バスケットをセット。

 

サーバー部と合体。

しっかりと締め付けて固定。

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー はコンパクトなので重量級ズランチョをダイレクトに載せるのは少し不安。

ということで、小さいクッカースタンドを使ってます(安物ですが十分)

 

そして点火です。

ここで火力はかなりチョロ火にしてます。

強めでやったり試してみましたが、豆にもよるんですけど弱い火力での抽出が今のところ好みですね。

 

ガスコンロではここまで弱い火力ではできないかも、しれません。

 

しばらくすると甘い香りが漂ってきて...

トロトロっとこのようにコーヒーの抽出が始まります。

内部が汚れているように見えるのは、水洗いしかしてないからですよ。こういう使い込みによって美味しくなるって言われてまして、ゴシゴシ洗うのはNGなんですと。

 

抽出が進みます。

火力が強いと勢いよく出てきますが、弱い火力でゆっくりと抽出中。

 

ペーパードリップなどでは、85度〜90度ぐらいで抽出しましょう、なんてのを見ますね。

マキネッタの場合はほぼ100度で抽出が進みます。

本来の考え方は、細挽きの豆に対して高温で圧をかけて短時間で抽出、というものでしょう。

エスプレッソマシンになればもう少し低い温度でさらなる圧をかけての短時間抽出になりますが、マキネッタはどうしても100度ありますからねぇ...

 

本来のやり方とは違うでしょうが、そもそも減量フィルターを使って満タンの水でスタートしますからね、気にしない(笑)

 

コボコボッと鳴り出しましたので火を止めます。

火力が強いともう少し泡が広がりますが、クレマ(と呼ばれる泡)とは言い難いものなので泡の量も気にしません(すぐに消えるし)

 

コボコボッという音が落ち着いたらコップに移します。

300mlほど抽出してますから、このコップなら軽く2杯分ってところですね。

 

通常の使い方よりいうなれば半分の濃度で抽出しているようなものですが、それでも十分な濃さを感じる味わいになります。

マキネッタは簡単なようで難しく、同じようにやっても「よしよし」と満足することもあれば「あれ?」という時もあるのですが、今回はうまくいきました。

独特な苦みが目立ちがちなマキネッタですが、うまく抽出したときは甘みと香りを楽しむこともちゃんとできますね。

中深煎前後の焙煎度がいまのところ合っている気がします。

 

ドリップの味とは傾向が違うのも面白いですよね、ただ、一般的に飲みやすいのはドリップの方かなぁとは思いますけど^^

 

サーバー部の底側。

バスケットの上面が当たる場所ですね、コーヒー粉に圧がかかりここから抽出された液体が上がっていきます。

 

バスケット側。

2気圧程度の圧がかかってバスケットの下側からサーバー面下部に押さえつけられて、コーヒー粉の面が平らにぎゅっと固まった感じです。

反対にしてポンポンとすると、固形で落ちたりしますからね。

 

ステンレスは熱しにくく冷めにくいので、この時期ならコーヒーを飲み終わる頃でもまだ触れないぐらい熱いです(- -;)

その点、アルミのマキネッタはもう少し冷めるのは早いだろうなぁと思います。

 

マキネッタは、セットしたらあとは出来上がりを待つだけの簡単なところがメリットのひとつ。

お手軽ですよね。

それに、マキネッタは、コーヒーの種類、焙煎度、粒度、火力具合などいろいろ試行錯誤して好みの方法を見つけるのもたのしいと思いま〜す。

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| コーヒー話題 | comments(0) | - | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
ステンレス製マキネッタ「Slancio(ズランチョ)」 20:10

前回は

 

→ 赤いマキネッタ(RISOLI ZARINA)がやってきた

 

今回のご紹介は、前回並べてご紹介しました...

 

右側のILSA(イルサ)社の「ズランチョ」6cupであります。

他に2cup用、4cup用があります。

 

球状の蓋の取手がかわいらしいですが、なかなかの重量級です。

実測値955g(減量フィルター無し時)。

 

RISOLI ZARINAの6Cupが実測値601gですからね、だいぶん違いますね。

 

基本的構造は一般的マキネッタと同じです。

RISOLI ZARINAとは材質が違いますが、ボイラー、バスケット、サーバーという基本構造は同じです。

 

本体を分離させたところ。

バスケット部も同様の構造ですね。

 

ズランチョは、バスケット部分もステンレスだからでしょう、バスケットから下に伸びるパイプ部がスマートです。

RISOLI ZARINAはアルミ製のため強度を出すためでしょうか、ちょっと太かったですね。

 

ILSAのマキネッタには基本的に減量フィルターが付いています。

これは6cup用ですが、減量フィルターでかさ上げすることによりコーヒー粉を半分にすることで3cup分を抽出できますよ、というツール。

その場合、ボイラーには半分程度の水を入れることになります。

 

本来の味を出すには「基本量(この場合は6cup)にて使う方が良い」というコメントがありますけども、さ〜すがに一人で濃厚抽出6cup分を毎回作ると多いので、減量フィルターはよく使っています。

大は小を兼ねる、とこのモデルを購入した決め手のひとつは、この減量フィルターで半分の量を抽出できる、からですし^^

 

では減量フィルターについて補足します。

まずバスケットですが...

 

本来はこの深さがあります。

6cup分を抽出するには、ここに満タンにコーヒー粉を入れることになります。

 

減量フィルターを設置すると...

 

このように深さ半分のところに設置できて、この上にコーヒー粉を入れるという具合です。

ただ、個人的にはこの向きでフィルターを入れるとつまみが邪魔なんですよね^^

(この向きで設置するのが正と思いますよ)

 

なので逆さまに入れて使ってます。

バスケット側面に凸が作られてますのでね。これでもうまく半分のところで固定されます。

 

マキネッタの使用では、バスケットには細挽きの粉をあまり押さえつけず摺り切りで入れる程度、と紹介されます。

その場合はつまみが上向きでも問題ないでしょうけど、私は多少押さえつけて使用しますものでね邪魔なんです(苦笑)

 

RISOLI ZARINAはまだ試運転していないので、次はズランチョの減量フィルターを使ってのゆったり人の抽出法を参考(一例ですよ)までにご紹介しましょう。

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| コーヒー話題 | comments(0) | - | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
<< | 2/439 | >>