| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS | DIY-Sound! |
旋盤の防塵対策 13:03

再々度...賃貸アパートの自宅に木工旋盤があるゆったり人です^^

 

さて...

 

スクロールチャックの回るすぐそばで木材を削るのは危ない、として金属製ブックエンドを利用して怪我防止の安全仕切板を設置しました。

 

→ 木工旋盤の安全性確保

 

安全になったな〜と作業をしていると、スクロールチャックに替える前の"板プラス+ステンレス皿”での使用状況と比べると、細かい木屑・木粉の辺りへの飛散量が増した感じ。

 

上の写真で分かりますが、奥に換気扇を設置して塩ビパイプを通り室外へ排気するようにしています。

旋盤の両側、上部奥側を板で囲うことで旋盤付近の排気効率を上げているつもり...

 

念のため...排気経路に段差を設けてゴミが溜まるようにしているのと、塩ビパイプ長がそれなりにあることからパイプ内でも粉状のゴミが落ちて、外部にゴミをまき散らすことにはなってませんのであしからず(笑)

 

そのような排気環境は変わらないところ、"板プラス+ステンレス皿”による木工作業に比べると、スクロールチャック時は飛び散る木屑が明らかに増えてます。

回転数は同じで削る対象も大差なし、なんでかな〜と確認しますと...

 

写真中央部に写ってますが、安全仕切板に削る対象を差し込む穴を開口しています。

スクロールチャックを回転させると、こういった形状のものですからスクロールチャックから回転方向放射状に広がる空気の流れが発生し、そのため開口部から空気を吸い込む流れが出来ていました。

木を削る際にサンドペーパーを当てたらよくわかりますが、開口部の隙間からぐんぐん木粉が吸い込まれていきます。

 

よって、吸い込まれた木屑はスクロールチャックから放射状にまき散らされて、結果的に"板プラス+ステンレス皿”の時より木屑、木粉が飛び散っていたんです。

 

それならばと、その場しのぎながら厚紙を置いたりして対処してみましたが、やはり使い勝手がよくありません。

そこで...

 

また金属製ブックエンドを100円ショップから買ってきました。

幅サイズの違いで二つ。

 

で、かっこ悪いですが設置場所のサイズに合わせてぐにっと曲げて、両面テープでペタリ。

 

そして安全仕切板の手前側に隙間ができますので、手元にあったアクリル板をこれまたぐにっと曲げて両面テープで貼り付け。

なんちゃってな感じですが...今回のコレを飛散防止板と呼びましょう^^

 

旋盤モーター部本体の上に置くようにして手前までカバーしよう、という計画。

スクロールチャック部は、削る対象木材の固定に毎回レバーを差し込み回す操作が必要ですから、飛散防止板をしっかりと固定することはできませんし、ちょっとした手間も増やしたくありません。

簡単に置くだけがよろしい...

 

はい、置いただけ、こんな感じ。

これで、スクロールチャックの手前側は囲われたことになります。

 

使用感は...

安全仕切板の右側で、削る(挽く)作業において直接飛び散る木屑は致し方ありませんが、スクロールチャックに吸われて飛び出してくる木屑はなくなりましたので、目に見えて飛散量減少、すばらしい!

 

また、"板プラス+ステンレス皿”時の作業後、眼鏡を確認すると木粉がうっすらと付着していて作業後は洗っていましたが、今回の飛散防止板を使用するようなると眼鏡への木粉付着はなくなりました、これは嬉しい。

 

サンドペーパーで出る木粉を見ていると分かりますが、奥の換気扇にも直接吸われる流れに加えて、スクロールチャックの吸引効果で安全仕切板の開口部からも勢い良く吸い込まれる流れが生まれ、削る対象が小さいこともあって木粉についてはほぼほぼ室内飛散を抑制できたようです。

 

快適作業環境になりました^^

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| もろもろ製作話題 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
押戸石(熊本県南小国町) 09:40

前回の、これはポツンと一軒家級^^のカントリーハウスカフェBEARから次に向かったのが...

 

押戸石(おしといし)の丘

 

BEARさんのある大分県から熊本県へと入ってきました。

阿蘇から九重一帯に広がる丘陵地帯にあります。

 

あの辺りが押戸石の丘。

写真からは、やや左手奥に石が並ぶ一帯があるのです。

 

NPO法人 押戸石の丘さんが管理(?)されていて、入場料200円が必要。

 

案内に従って進み、ソリみたいなのに乗って滑ると楽しそうな勾配の坂を上ると、丘の頂部一帯に石が並んでいます。

 

丘の尾根が織りなす景色が美しい^^

 

はい、案内板^^

 

押戸石を紹介されているページ(押戸石の丘:南小国商工会のHP)によれば、

 

・平成元年2月、南小国町教育委員会は、この巨石に不思議な線刻文様があることを見つけました。

 (これがシュメール文字ではないか?とされています)

・山頂一帯にある巨石群は、人工的に配置された9組の環状列石遺構であることがニューヨーク州立大学のライル・ボルスト教授によって確認され、ユネスコ岩石芸術会をはじめアメリカやカナダの岩石芸術学会、日本ペトログラフ協会等の国際学会で先史時代の巨石文化遺跡であることが認証されました。

・山頂の太陽石から南西方向に下る山腹の直線上に、約5m間隔で岩石が直線配列されており、”クロムレック”(”環状の石”の意)とも呼ばれています。

 

との紹介。

つまりは、ここの岩々は自然にあるわけではなくて人工的に置かれている歴史上意味ある一帯なんだよ、ということみたい。

 

シュメール文字は、紀元前3200年頃からあったのではとされるメソポタミア文明で使われいた楔形文字(くさびがたもじ)。

そのシュメール文字が押戸石の丘の石群に刻まれている、というのだから、ロマンがあるというから神秘的というか。

ま、どこかに「それ、ほんと〜?」と思う感覚もないといえば嘘になりますが(笑)

 

はさみ石。

嘘つきが間を通ると挟まれるという言い伝え(私も無事に通れました)

 

このはさみ石の間を、夏至は日がのぼり、冬至は日がしずむ、とのこと。

 

シュメール文字が刻まれている、鏡石。

 

一度訪れたことがあるゆったり人X号さんが、「前回探しきれんかったのよ、探すまで帰れないばい!」と気合いを入れられたこともあって、ぐるぐるとこの岩を回ってはどこだどこだ、まさか上の方で岩に上らないとわからないのでは?等とせっせと探してましたが分かりません....

「わからないね〜」などと言いつつ、冷静になった1名が立て看板の意味に気づきました(爆)

 

ちゃんと看板で「ここですよ」と案内されてるじゃん!!!

 

なかなか見つからないという前提になっていたもので、まさか回答が示されているなんて思いもよらず?

こんないかにもという案内があるのに...なぜそれに気づかなかったのだろう(大人数名いて...)

 

これも神秘なパワーの影響を受けたためではなかろうか...(感受性豊かなゆかいな仲間たち)

 

こちらが太陽石。

入場料を払うところで方位磁石を借りられます。

磁石を持って太陽石を回ると、方位磁石のNが石に引き付けられる一角があります。

鉄鉱石を含んでいるのかな?

 

ここが「規則性がある」と認められた”クロムレック”ではなかろうか。

ふうむ、なるほど...

 

遠くに見える山(中央より右手)が阿蘇五岳ですね。

とにかく、見晴らしがよくて気持ち良いところですよ〜(訪れた日は寒かったけど)

 

押戸石の場所(マピオン)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| スポット訪問 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
旋盤の防振対策 23:39

再度...賃貸アパートの自宅に木工旋盤があるゆったり人です^^

 

さて、安全にどんぐりちゃんを製作できるようになりましたが、以前のステンレス皿活用時に比べると振動量が増した感じがします。

板プラス+ステンレス皿より、スクロールチャックの方が明らかに重量があるためでしょうなぁ...

木を削る音は多少出るものの(削る対象も小さいし)、深夜でない限り怒られる程の騒音ではない(はず)。

 

それよりも心配なのは振動の方...

少々心配になるのが、うちは1Fではないので下の階に住んである方がおられます。

重低音と同じく、こういった振動は下へ響くので気を遣います(汗;)

 

旋盤の振動が下の階に伝わるのを防ぐため、これまでも硬質フェルト材を旋盤の足部に置いて対策していたものの、振動量が増したとなればもう少し強化する必要があるなぁ...

 

ということで

 

耐震粘着マットを購入。

かなり柔らかい素材でべったりとした手触りです。

これを、フェルト材でサンドイッチして旋盤の下に置いてみよう、という試み。

 

こんな感じ。

耐震粘着マットのサイズがフェルト材より小さいので見えにくいですが、ちょうど中ほどにサンドイッチされています。

 

これまでの硬質フェルト1枚の状態と比べると、旋盤を置いている机の振動は小さくなっています、というかほぼ感じない。

効果ありですね!

 

旋盤を押したり引いたりすると多少動く感じがあります。

もちろん耐震粘着マットによるものなんですけど、これはちょうどマンションの免振装置的な動きになっているのではなかろうか...

 

アニメーションにしてみました^^

 

実際の使用時にはこんなことはなく(上の図は最大ブレ幅に近い)、ぱっと見には動いているようには見えません。

それでも振動については柔らかい素材のおかげで吸収しているようです。

 

地震の場合は、逆に机の方が揺れて旋盤側に免振効果が出る構図、ってところですね。

マンション等の場合は、耐震粘着マットのところは巨大なゴムが置かれたりしますようで(免振ゴムデータ改ざん問題ありましたね)

 

ひとまず振動対策はOKかな(^^)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| もろもろ製作話題 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
これはポツンと一軒家級^^ 23:43

ゆったり人X号さんお誘いのプチドライブ。

前回の菅原天満宮もその道中に立ち寄ったところ...

 

そのゆったり人X号さんがまずは目指すところは...

 

BEARさん。

ネット上ではカントリーハウスカフェなんてご紹介もありましたが、ほんとそんな感じ。

感じの良いご夫婦(ちょいとご年配)で営まれております。

以前は福岡市内でお店を出してあったようなんですけどね。

 

店内には暖炉があって...

 

オープン前に訪れたものだからどこの席でもOK^^

店主から、寒いからどうぞと開店前から入れて頂きゆっくりとさせて頂きました。

 

その後、食事を始めるころには、数組のお客さんが来られてました。

 

頂いたのは、ハンバーグカレー^^

野菜がシャッキシャキだったのが印象的、もちろんカレーも美味しかったですよ〜

 

ゆったり人X号さん推薦のチーズケーキ、ほんのり甘くチーズケーキによくある重たさをあまり感じさせない絶妙なお味。

コーヒーに合います、これ正解!

 

暖炉で温まる室内でのんびり過ごしましたが...この日は...

 

お店の外は霜柱がすごいことに!

この冬最初の寒波が襲来した週末だったのです...

 

いやいや、ここまで氷の柱が伸びるんだと感心。

平野部での霜柱は子供の頃から知ってますけど、ザクザク踏んで遊んでましたがここまではなかったように思います。

 

さて、ここはといいますと...

 

ココ(笑)

 

写真撮り忘れてますが(汗)、霧氷で白くなった涌蓋山がばっちり見えてたロケーション!

九重の山々がもう少し右手(東側)にあります。南側に阿蘇ですね。

 

少しアップ。

もう山です、このあたりは。

 

google Map、航空写真に切り替えましょう。

 

はい!

もうこれ、ポツンと一軒家級ですよ(2棟見えますが、マークがついている方がお店、もうひとつはお住まいの建物)。

 

たぶん、あの一体は店主が木々を切り倒されて今の姿になってるのです。

薪も自分で木を伐って用意されているというお話でした。

 

上からの写真ですから平に見えますが、建物付近が高くてなだらかに丘みたいになってまして、見晴らしの良いところです。

見えている道路も写真で見るよりうんと起伏があります。

お店までの道はすれ違い不可能だよねという区間がけっこうあります、バックしたくないですよね。

 

2月は雪に覆われるのでお休み、というお話でしたのでご注意をですが...

ドライブがてら、いかがですか?(^^)

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼)





| スポット訪問 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
木工旋盤の安全性確保 23:53

賃貸アパートの自宅に木工旋盤があるゆったり人です^^

 

こんなもの作ったりしているのは、過去にご紹介済み^^

 

どんぐりちゃん^^

このどんぐりちゃんを作るのに活躍しているのが....

 

はい、木工旋盤。

(写真は以前製作した“どんぐり用つまみ部”加工時の写真で、どんぐりちゃんではありません)

 

こういった細かいものを作るので、木工旋盤に付属する板プラス(やや大きい木材をビス止めして固定できる部品)にステンレス皿を被せて強力両面テープで接着し、そこに削る対象をこれまた両面テープで固定してゆっくりと作業していました。

こうすることで無駄になる木材が少ないという利点があるんです。

 

また、木工旋盤は高速に回転しますけど、ステンレス皿は表面がなめらかなので回転時に手が触れてもなんてことありません。

サンドペーパー作業などは、回転するステンレスにずっと手が触れつつ作業するような感じです。

 

安全性高く、さらに無駄となる木材も少ないということで気に入っていましたが、難点もあります。

削る対象を回転部(主軸側)とその反対側から心押台(芯押台)で挟み固定できますが、それでもたまにバイト(削る刃の工具)がガリッと食い込むように入ると両面テープが剥がれてしまうことも。

それと、ステンレス皿にセンターが分かるように円状に印を入れていますが、それでも貼り付けたらセンターを外していたなんてこともしばしば、何度も貼り付けなおすのは気分がよくありません。

 

なので、削る対象を両面テープで固定する、のはちょっぴり困るところもある次第なの...ね。

 

このあたりを改善するにはアレかなと...ついに、ついに...

 

スクロールチャックを投入しました^^

削る対象を爪でガッチリとつかんで、片手持ちで強力に保持できるツールです。

 

これまでの両面テープ固定・ステンレス皿方式より、爪でつかむ部分が必要になる点は多少材料的にはデメリットですが、それでもガッチリ固定できてセンターも必然的に出るというのはかなり効率的。

 

スクロールチャックの側面が色違いになってますが、それぞれに穴があります。

ここに2本のバーを差し込んで使用しますが、例えば本体側(黒い側)の穴に差し込んだバーを固定するとして、手前側の穴に差し込んだバーを時計回りに回すと爪が開き、反時計回りに回すと爪が閉まる、という動きをします。

 

これは内部に蚊取り線香みたいな溝があり、溝に噛み合うように爪の裏側が加工されています。

2本のバーを使って回転させることにより、溝に従って爪が動くことで広がったり狭まったりする、という仕組みです。

 

対象をつかんで回すとこんな感じ。

 

以前からこれ欲しいなぁ、と思っていたのですけど、どんぐりちゃんみたいな小さな対象物の際には悩ましいなぁ、と思っていたのです。

なぜなら、あんなゴツゴツした工具が高速に回るすぐ近くで、対象の木材を削るわけです。

削る対象が小さいので、必然的に近接作業といった感じなんですね。

 

バイト(刃)が触れたらカチチチチン!と弾くでしょうし、サンドペーパーをかけている際につい指が当たれば「いててっ!」となること必至!

よくよく集中してやっているときはいいでしょうけど、慣れてきたら...これ、いつかは怪我します、間違いなく。

 

リスクアセスメント的にも優先順位高いと思われますが、なんらかの対処をしないと怖い。

これがいままで手を出してなかった理由(ま、お値段それなりというのもありますけど・プロ用より安いとはいえ)

 

ということで思案の結果、「やはりスクロールチャックに簡単に手が触れないようにしなくては!」ということで、スクロールチャックぎりぎりのところに仕切り板をつけてみようと思います。

 

何がいいかなぁと思案しましたが、ホームセンターで金属板やアクリル板を買って加工するのはけっこう大変。お値段もけっこうかかってしまいます。

そこで思い立ったのが、ブックエンド(本立て)であります。

100円ショップで適度なのを買ってきました、断然お安い。

 

ブックエンドのベース部が10cmほどありますが、旋盤モーター部からスクロールチャックの爪面までは8cmほどなので少し曲げて調整します。

机の角を使ってぐいっと力を入れて調整...

 

こんな感じ。

これが実家なら高速カッターがあるので切断するという手法もありましたが、まいいでしょ。

 

次に削る対象物が通る程度の穴を開ける必要があります。

まずはスクロールチャックの土台部から適度な高さとなる位置にひとまず穿孔(位置決め)

 

どんぐりちゃんに使う木材は13mm〜20mm程度。

なので、今回は22mmのホールソーで開けることにします。

(ここで必要以上に大きな穴にしてしまうと、危険性が上がってきますので程よいギリギリラインで)

 

センター穴に合わせてホールソー...小型卓上ボール盤で挑みましたが、非力で時間がかかりました。

(ボール盤なのに少し力を入れたら止まるんです、普段ビス穴程度の作業でしたからここまで力がないとは気づきませんでした)

 

こんなことなら最初からmakita電動ドリルで一気にやってしまう、というのもアリでしたね...

 

なんとか貫通。

濡れた感じになっているのはKURE-556(熱が上がり過ぎないようにする目的)。

 

そんなこんなで設置^^

 

旋盤本体の土台部には刃物台、心押台をスライド移動させる溝がありますので、これを活用して溝部の裏側に木を入れて締め付けました。

ただ、固定時に若干奥よりの位置になってしまいました。

ひとまずは問題ないので様子見ですが、必要となれば再調整します。

 

底面はビス止めしていますが、ブックエンドの金属板は薄いのでそれだけでは上部がたわみ、作業時にブックエンドに手が触れるとスクロールチャックにあっさりと接触する恐れがあります。

 

そこで、とりあえず感がありますが手元材料で使えた丸棒をちょうど良いところでカット、つっかえ棒としました。

丸棒はブックエンド側をビス固定、ボール盤本体側は廃棄クレジットカードをカットして両面テープで固定、本体部にひっかけている状態です。

 

ブックエンドの板とスクロールチャックの隙間がいい感じでしょ、触れていませんよ^^

 

上部につっかえ棒を設置しましたので、スクロールチャックにバーを差し込んで回す際の操作角度が制限されますが、まぁ、同程度の丸棒を差し替えする程度ですからそれほど苦にはならないと思います。

 

ということで、削る対象をセットしてみたところ。

いい感じです。

これなら、少なくとも高速回転するスクロールチャックに手が触れて怪我をする、というのは防止できるでしょ^^

 

旋盤作業では、削る作業を挽く(ひく)と表現がされるようですけども、怪我する不安なく作業できました。

ウエスまであてたところ、このあと切り落として完成となります。

 

怪我防止効果、十分確保できそうです^^

 

 

人気ブログランキング ← 応援クリックをお願いします^^(御礼





| もろもろ製作話題 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ゆったり人 - | →DIY-Sound! |
<< | 2/421 | >>